トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家花緑  笠碁

笠碁(かさご)

●碁敵の旦那二人、今日は待ったなしでやることにしよう、よし分かった、と。

初めは快調に指していたが、ちょいと間違えたので今のはなしにしよう、などと待ったの口実を並べるが、認めてくれない。

腹いせに、三年前の借金の話を持ち出して、互いに感情的になり「出て行け」「二度と来るか」と、とうとう喧嘩別れ。

三日ほど経った雨の日、二人とも碁を打ちたくて仕方がない。ヤツの所に煙草入れを忘れたので取りに行くと言い訳をすると、傘は使っちゃだめだとカミさんに止められ、仕方なく、富士登山の笠を被って出掛けた。

相手宅に着くなり「煙草入れを取りに来た、こんな家に置いとくとへぼになるから」

「なに、どっちがへぼか勝負するか」

「おう受けてやろう」

待ちに待った碁盤を挟んだ二人。

「あれ、碁盤の上に雨が漏ってるぞ」

「ありゃ、あんた、笠かぶったままだよ」

(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-63.html より転載)


1. 柳家花緑『笠碁』

米団治との二人会、タクシーの運転手に言われて衝撃を受けたセリフといったことがマクラ。

年寄り二人の話という意味ではその雰囲気は出ていないが、はっきり言ってそんなことはどうでもいい。

前半では、「待った」を言い出す男が引き合いに出す話が「昔の借金」ではなく、全く別の話になっている。

また、それがおもしろい。

後半では、二者の心理がコミカルな動きの中に描写される(やや誇張しているというきらいはあるにしても)。

そして、サゲ。

通常の笠をかぶっていたではなく、噺の展開から生じたものとなっていた。

なお、一見無関係と思えたマクラが全て噺に関連つけられていた。

(http://kamigatarakugo-and-art.at.webry.info/201110/article_6.htmlより転載)

古典落語ネタ帳

落語あらすじ事典 千字寄席

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon