トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

三遊亭圓楽(五代目)  鼠穴

※鼠穴は収録されていません。

鼠穴(ねずみあな)

●江戸の兄を頼って、越後から弟が職探しに来た。兄は、商いの元にと銭をくれたが、開けてみると三文しか入っていない。

馬鹿にするなと、一旦は腹を立てるが、これでさんだらぼっちを買ってサシを作って売り、その利益で草鞋を作り、昼も夜も働き詰めで、十年後には店を構えるまでになった。三文の礼を言うために兄の元を訪れ、二人で苦労話で盛り上がり、泊まることになった。

深夜、店が火事だとの知らせ。せめて蔵が残ってくれればと念じていたが、鼠穴から火が入ってすっかり焼けてしまった。

一文なしになった親に、娘のお花が「あたいを吉原に売って金を作れ」という。涙を流しながら金を借りたが、家に帰る途中掏摸にあって、持ち金をすっかり取られてしまった。

途方に暮れて木の枝に帯をかけて自殺した。

「武、武、うなされてどうした」

「あ、夢か、おら鼠穴が気になって」

「無理もねえ、夢は土蔵(五臓)の疲れだ」

(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-71.html より転載)

 

音声のみでお楽しみ下さい。

(ニコニコ動画説明文より転載)


落語の舞台を歩く

上方落語メモ

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon