トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

林家彦六  淀五郎

淀五郎(よどごろう)

●忠臣蔵の判官役が急病になり、名題に成り立ての弟子、沢村淀五郎が指名された。

初日は殿中騒動の三段目まで何とかこなし、いよいよ切腹の四段目に入った。由良之助を待ちかねた判官が切腹をしたところで、花道に名人、市川團蔵演じる由良之助の姿。そのまま、つつつーっと中央により「御前!」と感激の場面だが「ひどい判官だね、これじゃ芝居にならねぇ」と團蔵が動かない。

淀五郎がどこが悪いか團蔵に聞いたところ、切腹が悪い、本当に腹を切れと叱られる。

二日目も動かないので、開き直った淀五郎は、明日は本当に腹を切って死んでやると決心して、中村仲蔵に暇乞いの挨拶に行った。

尋常じゃない様子を感じた仲蔵は、訳を聞いて芝居の心得を伝授した。

三日目に生まれ変わったような意気を見せる淀五郎に團蔵は感心して、つつつーっと判官の元に近づいた。由良之助が来たのを見て、淀五郎は本心から「おお、待ちかねた」

 (http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-93.html より転載)

 

相変わらず動画じゃありません。私の「ニコ手本忠臣蔵」最後のうpは先代正蔵師匠で。「淀五郎」は志ん生(sm5379217)、圓生(sm7210869)、正蔵の各師匠の競演を楽しめる話ですが、この録音は下げにもうひと押しの一言が。圓生師匠は「あとでゴチャゴチャ言うのは無駄でゲス。」と言ったとか。(「最後のうp」と書いたんですが、急遽もう一席うpしました→sm9095156)「らくごのニコニコ(co5444)」主催「ニコ手本忠臣蔵」2009/12/14まで開催中。mylist/16228379のマイリスからどうぞ。

 (ニコニコ動画説明文より転載)


ウィキペディア

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon