トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

林家彦六  化け物使い


※「化け物使い」は収録されていません。

化け物使い(ばけものつかい)

●人使いの荒いご隠居がいて、次々と奉公人を雇うが、三日も経たずに「暇をもらいたい、こう人使いが荒くちゃ辛抱なりかねます」と辞めてしまう。ところが、新しい奉公人の杢助は、なんなく言い付けをこなし、三年も勤めたが、ご隠居が新しい家を買って引っ越すことになったとき、化け物が出るという噂を恐れて、辞めてしまった。

 引っ越しをした最初の晩、食事の後に一つ目小僧が出たが、ご隠居は、皿を洗え、布団を敷け、肩を叩けとこき使った。二日目の夜は大入道が出たので、屋根の手入れをさせた。

三日目は女ののっぺらぼうが出ると、繕い物をさせた。さて、四日目は何が出るかと待っていると、大きな狸が出て来た。

 何だい、今まで化け物は、お前の仕業か?

と問うと、そうだと頷く。

「何の用だ」と聞くと「お暇をもらいたい」

「どうして」「こんなに化け物使いが荒くちゃ辛抱なりかねます」

(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-131.htmlより転載)

 

林家彦六

林家三平の死去にともない、八代目林家正蔵を海老名家に返上した、稲荷町の師匠です。

志ん生だ、圓生だ、小さんだと、色んなひとが色んなことを言いますが、CDで落語を聞くとなりますてえと、どうも林家彦六を聞いてしまいます。落語の方は正蔵ですから、怪談噺や人情噺が中心で、笑えないのは当然ですけど。

「ぞろぞろ」「唖の釣り」「化物使い」「穴泥」「あたま山」なんてえ軽く笑える噺もやられます。笑える噺もやられますけども、どうしたことか怪談噺人情噺同様、ひとつも笑えない。

笑えない落語が面白いというのもヘンなハナシですが、名人というのは紙一重。お経を聞いてるみたく、段々と気持ちよくなってゆくんですね。

一生懸命精進致しますてえと、林家彦六でくすくす笑えるようになってまります。

(http://iwa-moke.blogspot.jp/2010/10/blog-post_1542.htmlより転載)

落語の舞台を歩く

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon