トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

古今亭志ん朝(三代目)  野晒し


↑クリックすると購入できます!
野晒し(のざらし)
●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。
向島の土手下で釣りをして帰ろうとすると、葦の薮から鳥が飛び立ち、行って見たら髑髏があった。野に屍を晒すのは気の毒と、残り酒を手向けて供養をした。その深夜、向島から来たという娘が、やっと浮かばれた。お礼に体を摩るなどの伽をさせろという次第だ。
釣りをして、髑髏を見つけて供養をすれば、いい女が家に来てくれるってんだな、よし、分かった。この釣竿貸してくれ。
新造釣るか年増を釣るかと、餌も付けずに竿を構えて、都々逸半分で妄想の世界に入り込む。向島から女が来た、浮気はだめだと妬くんじゃないよと一人芝居。回りの釣り人は気味悪がって離れて見ている。騒いで、顎に針がひっかった。針で釣る訳じゃねぇやと。
「ありゃ、とうとう針を取っちゃったよ」
 (http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-91.html より転載)
 
ニコニコ動画
今日は、秋の噺で、古今亭志ん朝師の「野ざらし」です。 先程発売されたCDからではありませんw その昔、ラジオから録音した音源です。 テープがダメになったモノの中から何とか使えそうなのを出して修復したモノです。出囃子(テープの先頭の所がよれていています)があやふやな音になっています。 志ん朝師の声もかなり怪しいですw 「野ざらし」と言う噺は志ん朝師の噺を聞いても、やっぱり現代では通じなくなりつつ有る噺なのですかね?
(http://blog.livedoor.jp/isogaihajime/archives/1229980.html より転載)
 

ウィキペディア
落語の舞台を歩く
上方落語メモ
落語あらすじ事典 千字寄席
 

関連記事

カテゴリー

Amazon