トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

古今亭志ん朝(三代目) 小言幸兵衛


↑クリックすると購入できます!
小言幸兵衛(こごとこうべえ)
●麻布古川の大家の幸兵衛、のべつまくなしに長屋を回って小言を言い歩いているので、あだ名が「小言幸兵衛」。
しまいには猫にまで、寝てばかりいないで鼠でもとれと説教しだす始末。
そこへ店を借りにきた男。商売は豆腐屋。
子供はいるかと聞いてみると、餓鬼なんてものは汚いから、おかげさまでそんなのは一匹もいないと、胸を張って言うので、さあ幸兵衛は納まらない。
とんでもねえ野郎だ、子は子宝というぐらいで、そんな事を自慢する奴に店は貸せない、子供ができないのはかみさんの畑が悪いんだろうから、そんな女とはすっぱり別れて、独り身になって引っ越してこい、オレがもっといいのを世話してやると、余計なことを言ったものだから、豆腐屋はカンカンに怒り、毒づいて帰ってしまう。
次に来たのは仕立屋。物腰も低く、堅そうで申し分ないと見えたが、二十歳になるせがれがいると聞いて、にわかに雲行きが怪しくなる。
町内の人に鳶が鷹を生んだと言われるほどのいい男だと聞いて幸兵衛「店は貸せねえ」
「なぜといいねえ、この筋向こうに古着屋があって、そこの一人娘がお花。今年十九で、麻布小町と評判の器量良し。おまえのせがれはずうずうしい野郎だから、すぐ目をつけて、古着屋夫婦の留守に上がり込んで、いつしかいい仲になる。すると女は受け身、たちまち腹がポンポコリンのボテレンになる。隠しては置けないから涙ながらに白状するが、一人息子に一人娘。婿にもやれなければ嫁にもやれない。親の板挟みで、極楽の蓮の台で添いましょうと、雨蛙のようなことを言って心中になる」
(ここで芝居がかりになり)「本舞台七三でにやけた白塗りのおまえのせがれが『……七つの金を六つ聞いて、残る一つは未来に土産。覚悟はよいか』『うれしゅうござんす』『南無阿弥陀仏』
……おい、おまえの宗旨は? 法華だ? 
古着屋は真言だから、『ナムミョウホウレンゲッキョ』『オンガボキャベエロシャノ』これじゃ、心中にならない。てえそうな騒動を巻き起こしゃあがって、店は貸せないから帰っとくれっ」
入れ替わって飛び込んできたのは、えらく威勢のいい男。
「やい、家主の幸兵衛ってのはてめえか。あの先のうすぎたねえ家を借りるからそう思え。店賃なんぞ高えことォ抜かしゃがるとただ置かねえぞ」
「いや、乱暴な人だ。おまえさんの商売は?」
「鉄砲鍛冶よ」
「なるほど、それでポンポンいい通しだ」
(http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2005/08/post_4d93.html より転載)
 
小言幸兵衛(古今亭志ん朝3)
え~、この秋田というところには、あたくしは始めてまいりました。東京を出てくる時に、秋田というところは秋田美人という言葉があるぐらいで、綺麗な人がたくさんいるよと、それを楽しみにあたくしはやってまいりました。--小言の多い大家の幸兵衛、朝から長屋を見回って一通り小言を言った後、女房にも小言。家を借りに来た男の口の利き方が悪いと行って説教して、相手を怒らせてしまう。次に、家を借りに来たのは仕立屋で、大変に丁寧な男。息子は美談で仕事ができるが独り者だとのこと。急に幸兵衛の様子が変わり、この長屋で心中が起こると言って、芝居調で説明を始める。古着屋の娘といい仲になって駆け落ちをして心中をするくだりとなり、宗旨を聞けば真言。「お花、覚悟はいいか。おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや。覚悟は極めていながらも~、右や左の旦那様~」乞食だよ~これじゃ--小言幸兵衛でございます。

 マクラは人の気性について。熱演だ。次第にテンションがあがっていき、複雑な劇中劇をいとも簡単に違和感なく聞かせてしまう。名人でした。
(http://yunomi.seesaa.net/article/152537556.htmlより転載)
 
落語 「搗屋幸兵衛」 古今亭志ん朝  お聞き苦しい点はご容赦を。小言幸兵衛の前半が独立したものです。この噺の後に豆腐屋さんと仕立て屋さんがやって来ます。
(ニコニコ動画説明文より転載)
 

ウィキペディア

上方落語メモ

落語の舞台を歩く

落語散歩

東西落語特選

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon