トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

古今亭志ん朝(三代目)  堀の内


↑クリックすると購入できます!
堀の内(ほりのうち)
●あわて者の熊五郎は、自分のそそっかしい癖を信心で治そうというかみさんの提案で「堀の内の御祖師様」へ毎日お参りに行くことにする。しかし、そそっかしい男が行くまでの間にトラブルを引き起こさないわけもなく、自分がどこに行くのかを人に尋ねたり、落ち着こうと他人の家に勝手に上がりくつろいでから道を聞くようなトンチンカンな行動に出る。
そんなトラブルを起こしつつもようやく堀の内の御祖師様に着いて、いよいよお参りをしようとするが、あろうことか財布ごと賽銭箱へダイブ…この件は賽銭の前払いにしてもらうとして済ませ、腹も減ったことということで今朝かかあに持たされた弁当を頂くことにするが、風呂敷と思っていたのはかかあの腰巻き、弁当だと思っていたのはマクラだということに気づき、空腹の苛立ちもあり、急いで帰宅し、かかあに怒鳴りつける…が、何故かかかあは笑っている。その理由を問うと、入るべき家を間違えて別の家のかかあに怒鳴りつけてることを教えられ、急いで謝罪を…自分のかかあにしてしまう。事の成り行きを聞いたかかあは呆れかえる。
気を取り直して息子の金坊と湯に行こうとするが、おんぶしようとする金坊がやけに重い…と思っていたらかかあだったという一ボケをまたかましつつも湯屋について服を脱ごうとするがなぜか店の者が嫌がる。それもそのはず、入るべき湯屋の隣の床屋に入ってしまっていたのだから…
そんなドッタンバッタン劇を繰り返しつつ、湯に入って金坊の背中を流そうとするが見ると入れ墨がされている…と思えば別人のヤクザだった。ここまでミスが重なると熊も息子に八つ当たり気味に苛立ってくるが、今怒ってもしょうがないのでとりあえず背中は流してやることにする。ところがいつまで洗っても金坊の背中が途切れない…と思っていると、気づくと湯屋の羽目板を洗っていたのであった。
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E3%81%AE%E5%86%85_(%E8%90%BD%E8%AA%9E)より転載)

落語の演目も知らず、なんとなく手にとった一枚だったのですが…
『堀の内』のテンポの良さに驚き、落語で笑う、という経験を始めてしました。枕からサゲに至るまで、くすぐりも満載。せっかちな私には特にツボな部分も多くて、楽しかったです。このCDを聞いてから、落語にどっぷりハマってしまい、他の噺家さんのCDを借りたり、寄席にまで通う始末。 (化け物使いも面白い!いわゆる滑稽噺というのですね。笑えるお噺です)ただ、志ん朝師匠の声・テンポ・話の流れのすべてを溺愛しており、なかなかここまでハマれる落語家さんに出会えません。
(Amazonカスタマーレビューより転載)
志ん朝さんの落語の素晴らしさのひとつはそのテンポです。 人情噺のしんみり聞かせる場面ではゆったりとしたテンポ、滑稽噺では軽快なテンポ、緩急自在の天才振りで聴くものを引き込んでしまいます。
あたまに「超」が3つくらい付きそうなとんでもないアワテ者が主人公の『堀の内』という滑稽噺があります。 アワテ者癖を直すために堀の内のお祖師さま(現在も杉並区堀の内にある妙法寺)へお参りに行くのですが、出だしから方向を何度も間違うなど、あちらこちらで失態を繰り広げながら江戸中を駆け回るノンストップギャク落語です。
途中での様々なひととの出会い、会話など相当な速さで展開するのですが、ハイテンポなギャグの連発はよどみなく、絶え間なく、素晴らしい活舌と軽快なテンポで進んでゆきます。本当に志ん朝さんは天才だとつくづく思いながら大笑いしたのです。
文句なく可笑しいし、時間も20分とやや短めですし、まだ落語を聴いたことがないという人の入門用としても良い演目かも知れません。
(http://fpclu.hatenablog.com/entry/20051105/p1より転載)

ウィキペディア

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

関連記事

カテゴリー

Amazon