トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

古今亭志ん朝(三代目)  時そば


↑クリックすると購入できます!
時そば(ときそば)
●江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでいた。
「おーい蕎麦屋、何が出来る?」「へい、出来ますものは花巻に卓袱です」「それじゃ、卓袱を熱くしてくんな」
 屋台の蕎麦を食いながら、やたらに蕎麦屋を誉める。「良い器を使ってるねぇ、料理は器で食わせるってがホントだねぇ」てな調子、さて勘定を払う段になって、「十六文かい、ちょいと細かいから手を出してくれ」「へい、それじゃこちらに」「ひぃふぅみぃよぅいつむぅななやぁ、なん時だい?」「九つで」「とぉ、十一、十二、十三、十四、十五、十六と、ご馳走様」
 まんまと一文ごまかしてしまった。
 これを見ていた男が、小銭を用意して翌日同じことをしようとした。
 さて勘定は、「ひぃふぅみぃよぅいつむぅななやぁ、なん時だい?」「四つで」「いつむぅななやぁ、、、、あれ!」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-39.html より転載)

マクラは加齢への感想と、蕎麦の食べ方について。この師匠の時そばは珍しい。相変わらずのスピーディーな語り口だが、人物描写、描きわけは誰よりもはっきりとしている。そば屋が老人風。あっという間に終わってしまう。貴重な録音。(大須演芸場)
(http://yunomi.seesaa.net/article/376054062.htmlより転載)

大須最後の年の『時そば』のマクラで、“同期会”のことが語られているが、本書の最初の章は、その同期の面々-馬風・文楽・小勝・さん吉の対談に加え療養中のこん平の特別寄稿-による「同期の仲間たち」で始まる。この『時そば』のマクラは、カメラマンとのやりとりなどもあるし、人間ドックの話など話題が豊富で、とにかく楽しい。
(http://kogotokoubei.blog39.fc2.com/blog-entry-799.htmlより転載)

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

東西落語特選

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon