トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

古今亭志ん朝(三代目)  締め込み


↑クリックすると購入できます!
締め込み(しめこみ)
●長屋の留守宅に泥棒が入って、風呂敷を広げて着物を包み始めたところへ、亭主が仕事から戻って来たので、泥棒は台所の床下にもぐり込んで隠れた。
 風呂敷包みを発見した亭主は、女房が間男を作って逃げようとしていると思い込み、女房が湯屋から戻ると怒鳴りつけた。女房も負けずに、商家で奉公していた私に惚れて一緒になってくれと頼んだのはお前さんだと反撃。
 亭主が怒って、湯が沸いた鉄瓶を投げ付けたが、女房が避けたので、台所に飛んで熱湯が撒き散らされた。床下に隠れていた泥棒が堪らず「あちち」と飛び出して来た。飛び出した泥棒が、二人の言い分を聞いていたが、似合いの良い夫婦だと喧嘩の仲裁を始めた。
 泥棒に言いくるめられて、良い泥棒さんのお陰で夫婦別れせずに済んだと、酒を出して呑み始め、夜になったので寝ることにした。戸締まりをと思ったが、泥棒が中にいるから、外側から心張り棒をかっておけ。
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-183.htmlより転載)

 …古今亭志ん朝になると、志ん生と文楽をうまくまぜ込んでいる。風呂敷包みから始まる亭主の嫉妬を通して、夫婦のねじ曲がった愛情がほの見える。泥棒と夫婦。三者の構図が鮮やかで、テンポのよい佳品に仕上がっている。また聴きたい。
(http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2005/08/post_e48d.htmlより転載)

締め込み CD未発売演目
軽く明るく愉しく、文楽を凌駕する口演(89年録画)
(http://www.lusc.jp/lu/detail.php/129997/より転載)

ウィキペディア

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

落語400文字ストーリー

関連記事

カテゴリー

Amazon