トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川談志  鼠穴


↑クリックすると購入できます!
鼠穴(ねずみあな)
●江戸の兄を頼って、越後から弟が職探しに来た。兄は、商いの元にと銭をくれたが、開けてみると三文しか入っていない。
馬鹿にするなと、一旦は腹を立てるが、これでさんだらぼっちを買ってサシを作って売り、その利益で草鞋を作り、昼も夜も働き詰めで、十年後には店を構えるまでになった。三文の礼を言うために兄の元を訪れ、二人で苦労話で盛り上がり、泊まることになった。
深夜、店が火事だとの知らせ。せめて蔵が残ってくれればと念じていたが、鼠穴から火が入ってすっかり焼けてしまった。
一文なしになった親に、娘のお花が「あたいを吉原に売って金を作れ」という。涙を流しながら金を借りたが、家に帰る途中掏摸にあって、持ち金をすっかり取られてしまった。
途方に暮れて木の枝に帯をかけて自殺した。
「武、武、うなされてどうした」
「あ、夢か、おら鼠穴が気になって」
「無理もねえ、夢は土蔵(五臓)の疲れだ」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-71.html より転載)

爆笑問題太田光に対し「自分はもう死ぬんだ」と言い出した師匠。「お前らに見ておいてほしいことがいっぱいある。なんでもいいからやらせろ」と言う言葉で、タイタンライブへの飛び入り参加が決定。その師匠に対し、太田光が悩みぬいた末リクエストしたのがこのネタ「鼠穴」だったんだとか。
(ニコニコ動画 動画の説明文より転載)

談志師匠、拝見させていただきました。
恥ずかしながら、食わず嫌いで、談志師匠の落語、今まで聴いたことなかったんです。「いい」とは聴いていたんですが、なんか、べらんめえ口調がうけつけなくて(苦笑)
感想ですか?
話にひきこまれましたよ。こんなに、話にひきこまれたのって、久しぶりです。
娘が身を売るというくだり、泣きそうになりました(恥)
いい落語、聞かせていただきました。
ありがとう。
(http://www.mskz-passion.com/archives/2011/09/10023311.php コメントより転載)

他愛もない“天災”とはうって変わって、こちらは人情話。親の遺産を博打で食い潰した弟が江戸で一旗上げた兄を頼ってくると言うもの。つれなく追い返された弟は、兄を見返さんと頑張り商人として成功。兄に借りた僅かばかりのお金を返しに久々に兄の元を訪れ・・・。と言ったお話。元の話もよく出来ているが、やはり談志の芸が素晴らしい。声色を使い分けて登場人物を演じきっているが、こちらが感情移入するほど成り切っている。
(http://blogs.yahoo.co.jp/hm0321rs/30727242.html より転載)

落語の舞台を歩く

上方落語メモ

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon