トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川志の輔  井戸の茶碗


↑クリックすると購入できます!
井戸の茶碗(いどのちゃわん)
●正直者の屑屋の清兵衛が浪人、千代田卜斎から預かった仏像を、高木佐久左衛門が買い取った。煤けているのでぬるま湯で磨いたところ、台座の紙が破れて中から五十両の小判が出て来た。仏像は買ったが中の小判は買った覚えが無いから返して来いと言われて屑屋が卜斎宅に行くと、一旦売ったものを受け取る分けにはいかないと断られる。家主の口利きで屑屋が十両取って、双方二十両ずつ分けることで話が着いたが、卜斎はただ貰う訳にはいかないので形だけでもと、茶碗を贈った。
この美談が細川候の耳に入り、高木が磨いた茶碗をもって登城すると、井戸の茶碗という名器で、細川の殿様が三百両で買い取った。
高木は半分の百五十両を卜斎に返すように、屑屋に託したが卜斎は娘を娶ってくれるなら支度金として受け取ると条件をだした。屑屋が、今は長屋で燻っているが、こちらで磨けばいい娘になりますよと伝えると、いや、磨くのはよそう、また小判が出てはいけない。
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-135.html より転載)

志の輔師匠の話を聴いていると、師匠自身が落語に持つ疑問が落語を膨らませる要素になっているんじゃないかと感じます。井戸の茶碗も、ネタおろしから「自分で行け」という台詞が入ってたわけじゃなく、演じている内に「自分で行ったら良いんじゃないの?」と師匠がそう思ったんじゃないかと。売った仏像から五十両が出てくるは、毎日のうがいに使っていた古茶碗がじつは名器だは、千代田卜斎というのはいったい何者?という台詞も師匠の疑問なんだろうな。
(http://kukai.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_8d4f.htmlより転載)

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

落語あらすじ事典 千字寄席

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon