トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川談志  花見の仇討


↑クリックすると購入できます!
花見の仇討(はなみのあだうち)
●花見の嗜好で仇討ちの芝居をやって受けようじゃねえか、筋書きはこうだ。
 二人の巡礼が上野の山で親の仇に出会って「やあ珍らしや、お主は親の仇、尋常に勝負しろ」「何をこしゃくな、返り討ちだ」と仇討ちの果し合いを始める。
 競り合っているところへ、六部が仲裁に入り、お芝居だったと明かすって寸法だ。
 四人が夫々、敵役の浪人、巡礼二人、六部の役に別れて、現場で落ち合うことにした。
 当日、六部役の男が上野の山へ上ろうかという時にうるさ型の叔父さんに捕まって説教を食らい、酒を飲まされて寝てしまった。
 一方、巡礼には成行きで、助太刀の侍が着いてしまったから、話が更にややこしくなる。
 筋書き通り果し合いを始たが、いつまで経っても六部の仲裁が入らず、場が持たなくなった三人が揃って逃げ出すと、助太刀の侍が「逃げるには及ばない、勝負は五分だ」
「勝負は五分でも肝心の六部が来ない」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-43.html より転載)

ビートルズ来日から大阪万博までの談志、若き日の熱演を収録した立川談志、ひとり会の第二期。本作は「花見の仇討」「たぬき」を収録した第十二集。
花見の仇討(昭和43年2月27日 紀伊国屋ホール)
(http://www.7netshopping.jp/cd/detail/-/accd/1300303683/ より転載)

落語の舞台を歩く

上方落語メモ

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon