トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川志の輔  千両みかん


↑クリックすると購入できます!
千両みかん(せんりょうみかん)
●日本橋のさる大店の若旦那が、病にかかってしまいました。可愛い跡取り息子のこと、両親はたいそう心配します。医者が言うには、なにか思い煩っているのだろうとのこと。ところが両親がわけを尋ねても、若旦那は恥ずかしがって言おうとしません。そこで、昔からの番頭さんが理由を聞き出して欲しいとお願いされます。番頭さんが、聞き出したところ、若旦那は、みかんが食べたいとのこと。みかんに恋煩いというのも、かわった病でございます。お金持ちのお坊ちゃんの考えることと言うのは、我々凡人には想像もつかないようで……。
ともあれ、番頭さんは、若旦那を元気づけようとみかんを買い求めます。ところが、季節は真夏。今とは違い、みかんは冬のものと相場が決まっております。あっちこっちの果物屋、八百屋、はては魚屋に掛け合いますが、夏にみかんなんかありっこありません。途方に暮れていた番頭さんを見かねた魚屋が、神田の多町に万亀というみかん問屋があって、そこになら1つぐらいみかんがあるんじゃないかと教えてくれます。大喜びで駆けつけたところ、確かにみかんがあるにはあったのですが、値段を聞いてびっくり。
1個千両と言われてしまいます。可哀想に、番頭さんは腰を抜かしてしまいました。店に戻って旦那に相談したところ、千両で息子の命が助かるのなら安いものだと言われて、ぽんと千両を出します。これでまた、番頭さんは腰を抜かします。
ともあれ、千両のみかんを買って帰って若旦那に差し出したところ、若旦那はおいしそうにみかんを食べ、見る間に元気を取り戻します。10房あるうち、7つまでを食べ終えた若旦那は、残り3つを差し出し、一つは父親、一つは母親、残り一つは番頭さんにあげると言います。3房のみかんを持った番頭さんは考えました。みかんにはちょうど10房。ということは1房100両。自分は今300両もの大金を手にしている!そう思った番頭さんは、みかんを3房抱えて、そのまま逃げ出しました。
(http://www.koboya.co.jp/toshi14.htm より転載)

立川志の輔「千両みかん」。 気の病の若旦那、理由を訊きにいく番頭がラー メン屋のチャルメラの節で「わかだ~~んナ」と部屋に入り、カツ丼でも取り ましょうか、という。 若旦那が恋焦がれているものは「やわらかな、みずみ ずしい、つゆのたっぷりある、きいろの」みかん。 日本橋のみかん問屋「千 惣」(万惣でないのは、初めて聴く)は、「置いていない」を言いたくないために、 何十年ののれんにかける心意気で、真夏でも五十箱を囲ってあった。 千両を 志の輔は、今の8億円から1億円と換算した。 たっぷり聴かせるストーリー・ テリングであった。
(http://kbaba.asablo.jp/blog/2005/06/05/17050より転載)

立川志の輔
「千両みかん」
果物の冷凍技術が進歩、梨さえも半年冷凍可能で結婚式の引き出物にと。
その中でも冷凍出来ないのがさくらんぼ、師匠の所で例のゆうパック遅配騒ぎで哀れさくらんぼが腐ってしまったらしい。千両みかんには自然な流れ、この季節だからね(^_^)
(http://ameblo.jp/shinnojyou/entry-10640480764.htmlより転載)

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

東西落語特選

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon