トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川志の輔  五貫裁き



↑クリックすると購入できます!
五貫裁き(ごかんさばき)
●神田の三河町に家主の”多呂兵衛”、借家人の半端者の”八公”が住んでいた。この八公が人生立ち直ろうと奉加帳を持って町内を回ると、血だらけで戻ってくる。聞くと”徳力屋”に最初よったところ、番頭はたった3文しか付けない。怒ると主人が出てきて1文を付けた。怒ってけんかになって怪我をした。家主が理不尽さに怒り奉行所に願書をしたためて聞き入られ、大岡様の裁きになった。しかし、徳力屋万右衛門が裁きに勝って5貫文(5000文)の罰金。「それを毎日取り次ぎの徳力屋に1文ずつ持参せよ」と言う裁き。
 翌日、八公がしおらしく1文を朝早くに徳力屋に持参。徳力屋は「ざまあみろ」と馬鹿にしながら受け取り、1文では買えない半紙に受け取りを書かす。徳力屋はその金を小僧に持たせ奉行所に持参するがなかなか役人が会ってくれず、やっとの事で会うと 、奉行に「万右衛門本人が名主と五人組が一緒に持参しろ」とおとがめを受ける。五人組にお願いすると費用はかかるし、本人が行っても一日がかりになって仕事どころの話ではない。 (サ ~、大変徳力屋。面白くなってきた八公側連合軍。)
 翌日も嫌がらせで朝の明ける前から1文を持参。また翌日も。ついには八公昼寝をして一晩中、今日の分、明日の分次の日の分だと寝かさない。たまりかねた徳力屋、やっと、事の重大さに気づき、示談にしたいと10両の金を提示するが、拒否。町内の名の知れた人が中に入り、100両と最初の目的の小さいながら表通りに八百屋を付けて、「これでどうですか」とでた。八公もこれを受けて示談成立。家主の知恵で八公の勝ち!
 回りの人たちも、これを聞いて「徳力屋は偉いね」と噂をするようになった。いつか徳力屋の耳に入り「番頭さん、金は使うと人に喜ばれるね」と気づき施しを始め、徳力屋の評判は上がったが、金を使いすぎて店はつぶれ、八公は持ち付けない金を持ってずらかり、主人公達も死んでこの話を知っているのは、ここにいる寄席のお客さんと私(談志)だけになった。
(http://ginjo.fc2web.com/35gokansabaki/gokansabaki.htmより転載)

先ずは「五貫裁き」だが、政談物にしては、面白い噺であるが、志の輔の持ち味が更に噺を面白くしている。それは、登場人物の的確な描写である。徳力屋の強欲さ、大家の頑固さ、番頭の忠誠だが万衛門のやり方には賛成しかねる様子が、実に良く表現されている。人物描写掛けては圓生の右に出る噺家はまず居ないが、それは非常に緻密に計算された描写であるのに対し、志の輔の芸はそれを感じさせない、飄飄とした中に、きちっと夫々の性格を表現している所が凄い。立川流の特徴と言っても過言では無いと思う。師匠の談志の芸を確実に継承していると言って良いだろう。
(Amazonカスタマーレビューより転載)

「五貫裁き」はいわゆる大岡裁きモノ。上方では桂南光師が専売のようにやっているくらいだろうか。実は南光師で聴いたことがない。
志の輔師はところどころに談志師の口跡を彷彿とさせ、サゲは地の言葉で、大家は亡くなり徳力屋も熊五郎も結局没落し、大岡裁きの話として残っているだけとしているが、南光師は八百屋の開店祝いを貰って「商売の先が見えた暁には一文ずつでも返します」「暁に一文。また寝不足や」としている。
講談モノが好きだと言っている志の輔師の奉行がいい。
(http://blog.livedoor.jp/kogakudo/archives/51783101.htmlより転載)

ウィキペディア

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon