トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川志の輔  百年目


↑クリックすると購入できます!
百年目 (ひゃくねんめ)
●お店の大番頭は奉公人の定吉と二番番頭に小言を言って出かけていった。外へ出ると、幇間の一八が近寄ってくるが、知らないふりをして帰らせた後、路地の駄菓子屋へ入り、衣服を着替えて柳橋へ行く。屋形船が用意してあり芸者を上げて花見をしようというのだ。知人に会うのをおそれ、障子を閉めて飲んでいたが、暑いので仕方なく障子を開ける。酒が回ってきたのか、幇間に進められ扇子で顔を隠して陸に上がり、踊りながら芸者を追いかける。一方、お店の旦那の医者の玄庵と花見に来ていた。玄庵が番頭を見つけ旦那に尋ねるが、間違いだと思い避けて通ろうとするが、自然に番頭が近づいてきて旦那を捕まえてしまった。旦那の顔を見た番頭、思わず「どうも、ご無沙汰しまして、皆さんお元気でいらっしゃいますでしょうか」旦那は皆に大事な人だから、遊ばせたら連れて帰ってきてくれと言い残して帰ってしまう。番頭は生きた心地がしないので、すぐにお店に帰り、風邪気味だと言って、二階へあがってしまう。しかし、悪いことばかり考えて、一睡もせずに夜が明けて、早くに起き水を打ったりしている。そうしているうちに、旦那に呼ばれる。旦那はお茶を勧めて、昨日のことを尋ね、帳簿を調べたことを話す。毛ほどの隙もないので嬉しくなりったので、商売のためならいくらでも金を使えと諭す。番頭が丁稚時代の昔話をした後で、旦那の由来を話す。天竺にまことに綺麗な栴檀(せんだん)という木があり、そこに汚い難莚草という草が生えている。この草を摘み取ると白檀は枯れてしまう。難莚草が枯れるときの肥やしになる。つゆを栴檀がおろしてやる。両方で持ちつ持たれつである。栴檀の檀と難莚草の難の字を取って檀難が由来だとのこと。番頭の商売の仕方を見るともう少し店の難莚草につゆをおろしてやれと諭す。番頭は恐縮する。旦那は嬉しいといって、二人お茶を飲みながら、暖簾分けまで辛抱するようにと頼む。番頭が店の方へ戻ろうとしたとき旦那が「ちょっと番頭さん待っておくれ。きのう、合ったとき妙なこと言ったね。ご無沙汰いたしましてとか。あれは何だい。ばかにあってないような、毎日、一緒にいながら」「あの時は、もう百年目かと思いました」
(http://yunomi.seesaa.net/article/9771741.htmlより転載)

この噺での“旦那”は、「部下視点の『理想の上司』」というより、自分が上司である場合の「上司視点の『理想の上司』」だろう(実際にあんな上司が現実の上司だったら、畏れ多くて近寄れない)。
志の輔版『百年目』は、噺の時代設定や「奉公」設定に拠らず、2014年の客席に向かって、満開の桜のように“開花”していた。
(http://mitsuyoshiwatanabe.seesaa.net/article/391115066.htmlより転載)

志の輔らくご in Parco 2013
2013年1月22日
渋谷Parco劇場
仲入り後は『百年目』。普通にやっても尺が4~50分ある噺。志の輔がやると案の定一時間を超えた。それほど増やした場面は無いと思うが、店の旦那と番頭がニアミスした翌朝、旦那が番頭を呼んで話をするところで、旦那が番頭に茶を入れてあげるところは、志の輔の工夫かもしれない。前日に店に帰ってきた旦那が、番頭は風邪をひいて寝ていると聞き、聞こえよがしに「大切な番頭さんだ。医師にかかった方がいいと思うがな」と声を張り上げるところは、まだひょっとして店の金を使い込んだんじゃないかと疑っているからだろう。それが一転、翌朝は帳簿に穴が開いていない事を知り、番頭さんにすまないと思ったんだろう。態度が変わっている。一方、聞こえよがしな声を聞いた番頭は、自分は暇を出されると震えあがったということは理解できる。
 ここには、談志イズムたる、ひねくれた論理は無い。胸にそのまま入ってくる。おそらく談志は『百年目』を演らなかったと思うが。
 人を雇う側、人の下で働く側の思いを描いたこの落語、ぜひ世の中の会社経営者、社員どちらの方にも聞いて欲しいと私は思っている。
 談志にはできなかっただろうね、こういう噺。
(http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/namashinosuke130122.htmより転載)

立川志の輔「百年目」
生きるためには無駄も重要、無駄が重要なのだと、説明する旦那の話の長いこと。
「無駄が大事」と無駄話で語り続け、やんわりと、そして延々と説教される辛さが番頭とともに客にも身にしみたところでアッサリとしたサゲ。どっと肩から力が抜けました。
(http://www.rakupachi.net/blog/tag/%E5%BF%97%E3%81%AE%E8%BC%94%E3%82%89%E3%81%8F%E3%81%9421%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AF21%E6%97%A5-%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E5%BF%97%E3%81%AE%E5%85%AB-%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E5%BF%97%E3%81%AE%E8%BC%94-%E3%81%A8より転載)

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

落語あらすじ事典 千字寄席

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon