トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川志の輔  紺屋高尾


↑クリックすると購入できます!
紺屋高尾(こうやたかお)
●神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。話を聞くと、国元に帰るため初めて吉原に連れて行かれ、当世飛ぶ鳥を落とす勢いの三浦屋の高尾太夫の道中を見て恋患い。錦絵を買い求めたが、全て高尾太夫に見える。10両で会えるだろうから3年働き9両貯めて1両足してそれで連れて行くという。久さん元気になって働き、3年後、その金で買うから渡してくれと親方に言うと、気持ちよく着物も貸してくれて送り出してくれた。
 お玉が池の医者の竹之内蘭石先生に、連れて行って貰う。流山の大尽として、首尾良く高尾太夫に会えた。挨拶の後、「こんどは何時来てくんなます」、「3年経たないとこれないのです」と泣きながら全て本当のことを話すと、高尾は感動し、こんなにも思ってくれる人ならと、「来年の3月15日に年(年季)が明けたら、わちきを女房にしてくんなますか」。久さんうなずき、夫婦の約束をする。揚げ代は私が何とかしますし、持参した10両と約束の証にと香箱の蓋を太夫から貰って、久さんは亭主の待遇で帰って来る。
 翌年約束の日に、高尾は久蔵の前に現れ、めでたく夫婦になる。 
(http://ginjo.fc2web.com/027kouyatakao/takao.htmより転載)

…しかし、志の輔の「紺屋高尾」は、エンターテイメント性というか、単純にお笑い演芸としての落語という姿勢にがっちりと立脚した高座であった。
志の輔の場合は、ともすると、抒情深くなって泣きに入りそうな展開になれば、それはあたかも意図的でもあるかのように、クスグリやギャグを放って、客を笑いのベクトルにひき戻そうとするのである。
(http://yaplog.jp/chilurin0223/archive/7841より転載)

15分の仲入りを挟み、黒紋付きで出てきたらマクラなしでいきなり「紺屋高尾」。昨年、談春さんで聴いた演目です。あちらは久蔵の告白シーンが圧巻で、高尾大夫が何故あり得ない決断をするのか、その情けの部分に焦点があたっていた感じ。これに対して志の輔さんのほうは、一晩で15両使う、という久蔵の無茶な決意をドーンと後押しする親方のほうの迷いのなさ、江戸っ子らしい粋な感じが印象的。15両貯めようとする前に「それは無理、と言ったら噺は終わっちゃう」というくすぐりがあって、うまいフリになっている。
無理を承知で男一世一代の夢を見守る側の、なんともいえない温かさ。周囲にこういう人がいるから前に進める。今回の演目のテーマは、夢とか希望なのかなあ。途中、吉原や花魁の説明を挟むのだけれど、違和感がないのがさすが。
(http://coco2.cocolog-nifty.com/coco2stage/2012/01/post-a923.htmlより転載)

ウィキペディア

東西落語特選

落語の舞台を歩く

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon