トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川談志  猫久


↑クリックすると購入できます!
猫久(ねこきゅう)
●ある長屋に久六という八百屋さん、お人好しで、人に頭をなぐられても、
何を言われてもにこにこ笑っている大変おとなしい方がおりました。
ご近所の方から、「まるで猫みたいなやつだ」と言われ、猫の久だから猫久というあだ名で、猫で通っておりました。
 このおとなしい猫久さんが、ある日、血相を変えて家に帰り
「今日という今日は勘弁がならねえ。おい脇差しをだせ。刀をだせ!」
と女房に怒鳴っております。
それを知った長屋の熊(熊五郎)さん、早速女房につげにいった。
熊はそのことを他の誰かにもしゃべりたくて、床屋に行くという。

「いけないよ。鰯こしらえとくれ、鰯を。南風が吹いて、ぽかときてるんだから、
ぐずぐずしてると、鰯が腐っちまうよ。いわしが!」
「やかましいやい。いわし、いわしってどなりゃあがって・・・
お昼のおかずがいわしだってぇことが、長屋じゅうにわかっちまうじゃねえか」
女房の止めるのも聞かず、熊さん、出かけてしまった。
普段まったく無いことですから、それを知った長屋の連中が驚いたのなんの。
江戸の界隈にすぐ広まり大騒ぎです。既に髪結い床の親方にまで伝わっておりました。
「いやぁ、びっくりしたねぇ。あそこのうちに刀があったんだね。あのかかあ、
神棚の前へ坐って、なんだか拝んでいたが、三ベンばかりいただいて猫に刀を渡しやがった。
あぶないじゃないか。あのかかあは変わり者だよ。」などと言っている。
日頃から久六の女房を良く思っていない長屋の女房達の悪口も加わる始末。
と、そこに居合わせた侍が、「変わり者だという、その方達がおかしい。
日頃から猫といわれるほど大人しい男が、血相を変えて刀を出せとは、よほどのことがあったのであろう。
それを察して、神前に三度もいただいて刀を渡したとは、先方に怪我のないよう、
夫に怪我のないように夫を思う女丈夫というべき賢女なり。貞女なり。
天晴れ、いや、あっぱれだ」と言ってほめちぎる。
家に帰った熊さんは、髪結い床での話を早速女房にした。
「猫久の女房は変わり者だよ。」といっている熊さんの女房に、 はたしてうまく伝わったのか・・・。
そうしているすきに、台所に置いてあったお昼のおかずのイワシを、 泥棒猫がくわえて逃げだした。
「そこにあるすりこ木を持ってこいっ。今日という今日は、張り倒してやる。」
どうやら、その猫は魚泥棒の常習犯らしい。
すると女房は、両手ですりこ木を、ていねいに神棚の下で三度も押し戴き
「待っといでよう。いま、あたしゃいただいているところだ」
(http://www.asahi-net.or.jp/~UK5T-SHR/nekokyu.htmlより転載)

落語あらすじ事典 千字寄席

江戸料理百選

関連記事

カテゴリー

Amazon