トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家喬太郎  時そば


↑クリックすると購入できます!
時そば(ときそば)
●江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでいた。
「おーい蕎麦屋、何が出来る?」「へい、出来ますものは花巻に卓袱です」「それじゃ、卓袱を熱くしてくんな」
屋台の蕎麦を食いながら、やたらに蕎麦屋を誉める。「良い器を使ってるねぇ、料理は器で食わせるってがホントだねぇ」てな調子、さて勘定を払う段になって、「十六文かい、ちょいと細かいから手を出してくれ」「へい、それじゃこちらに」「ひぃふぅみぃよぅいつむぅななやぁ、なん時だい?」「九つで」「とぉ、十一、十二、十三、十四、十五、十六と、ご馳走様」
まんまと一文ごまかしてしまった。
これを見ていた男が、小銭を用意して翌日同じことをしようとした。
さて勘定は、「ひぃふぅみぃよぅいつむぅななやぁ、なん時だい?」「四つで」「いつむぅななやぁ、、、、あれ!」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-39.html より転載)

柳家喬太郎は、お馴染みの立ち食いそばのマクラ。コロッケそばの話など15分ほど。「今日の持ち時間、ひとり30分ですよ。『時そば』なんて噺、30分もかからない。30分演ろうとしたら、そば屋のオヤジの生い立ちから喋らなくちゃならない」 こうして始まった喬太郎版の『時そば』。そば屋の屋号は、最初のそば屋が的の中に矢がたくさん刺さっている。これで屋号は[蜘蛛巣城]。あとのそば屋の屋号は、○の中に稲穂が揺れているから、[キッチン イナバ]。「(汁を飲み)渋い! おい、お湯ぅうめてくれ。甘口辛口ってあるけど、渋いっての初めてだねえ。茶そば? だから(丼を)回すの?」 「それは土器です」 「土器? 土器そば?」
(http://www5a.biglobe.ne.jp/~detectiv/nama0701.htm より転載)

ニコニコ動画

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

東西落語特選

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon