トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家喬太郎  巣鴨の中心で、愛をさけぶ


↑クリックすると購入できます!
※「巣鴨の中心で、愛をさけぶ」は収録されていません。
巣鴨の中心で、愛をさけぶ(すがものちゅうしんであいをさけぶ)
●知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。友人の前でその熱々振りを見せ付ける。しかし、食いすぎで具合が悪くて寝ていたある日、新聞を見るとルミコが載っていた。年金を狙っての詐欺で捕まっていた。
(http://movie-drama-bw.blogspot.com/2012/01/blog-post_4859.htmlより転載)

柳家喬太郎落語秘宝館・別館に収録されている新作落語。作られた時期がタイトルからわかりますね。
約30分の噺だが、15分以上は横浜への地元ならではの愛と偏見(?)に満ちたマクラ。ぶっちゃけそのマクラの方が面白い。これに限らず、喬太郎師匠のCDは半分以上がマクラな噺が珍しくない。けど、面白いからいい。その昔、柳家小三治師匠のマクラのみを収録したCDがあったが、喬太郎師匠でもそんなCDを作ってほしい。
(http://blog.livedoor.jp/tapiokakenji/archives/51810483.htmlより転載)

関連記事

カテゴリー

Amazon