トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家喬太郎  死神


↑クリックすると購入できます!
※「死神」は収録されていません。
死神(しにがみ)
●何かにつけて金に縁が無く、子供に名前をつける費用すら事欠いている主人公がふと「俺についてるのは貧乏神じゃなくて死神だ」と言うと、何と本物の死神が現れてしまう。仰天する男に死神は「お前に死神の姿が見えるようになる呪いをかけてやる。もし、死神が病人の枕元に座っていたらそいつは駄目。反対に足元に座っていたら助かるから、呪文を唱えて追い払え」と言い、医者になるようアドバイスを与えて消えた。
ある良家の跡取り娘の病を治したことで、医者として有名になった男だが『悪銭身に付かず』ですぐ貧乏に逆戻り。おまけに病人を見れば死神はいつも枕元に・・・とあっという間に以前と変わらぬ状況になってしまう。困っているとさる大店からご隠居の治療を頼まれた。行ってみると死神は枕元にいるが、三千両の現金に目がくらんだ男は死神が居眠りしている間に布団を半回転させ、死神が足元に来たところで呪文を唱えてたたき出してしまう。
大金をもらい、大喜びで家路を急ぐ男は途中で死神に捕まり大量のロウソクが揺らめく洞窟へと案内された。訊くとみんな人間の寿命だという。「じゃあ俺は?」と訊く男に、死神は今にも消えそうなろうそくを指差した。曰く「お前は金に目がくらみ、自分の寿命をご隠居に売り渡したんだ」。ろうそくが消えればその人は死ぬ、パニックになった男は死神から渡されたロウソクを寿命に継ぎ足そうとするが……。

「アァ、消える……」

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E7%A5%9E_%28%E8%90%BD%E8%AA%9E%29 より転載)

昨日の会は、四席ともホンッとに良かったのですが、とりわけ喬太郎師の『死神』が素晴らしかったです。『死神』史上(?)、屈指の『死神』!といっても言い過ぎじゃないかも…と思います。
…でも、決して後味は悪くありませんでした。それは、死神を“明るくて凄くいいヤツ”にしたことが大きいと思いました。それと、笑っちゃうところがたくさんあって、基本的なトーンが楽しく面白かったっていうのが良かった。
それにしても、人間の弱さとか、どうしようもない心の闇みたいなものを描くと、喬太郎師は本当に上手いです。あんな深い『死神』は初めてでした。
(http://d.hatena.ne.jp/turarayuki/20091118/1258555748より転載)

いやあ、堪能しました。笑いの部分はまったくといっていほどない。途中ちょっとくすぐりをいれる程度。マリリンでいっぱい笑ったから、それで十分。爆笑系のキャバクラ嬢から怪談に出てくる死神まで、芸の幅の広さを感じさせる。もちろん深みも。喬太郎の芸は一級品。並みの噺家ではない。
(http://housinn-n.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-216b.htmlより転載)

 『まかしょ』の出囃子が長いこと鳴ってから、柳家喬太郎が高座に上がってくる。「楽屋へ入りまして、包みをほどいてみると、足袋、肌襦袢、ステテコが入っていないと慌てるものでございまして。幸い、家が池袋なものですから持ってきてもらいました。それが届いたのが文三さんの高座が終わる一分前」 それにしては落ち着いている喬太郎。ネタが『死神』。今回の呪文は「あじゃらかもくれん 池袋三越無くなっちゃったあ」 喬太郎の『死神』はラスト近くが面白い。半回転のトリックをかまして外に出た男が、死神に出会う。「なんてことをしてくれたんだ。あれはオレだ」という死神に、「えっ、あれ、お前さんだったんだ。お前さんたちみんな似た顔しているからわからなかった」と言うと、死神は「モーニング娘。みたいに言うんじゃない」と答えたり、それに続けて「おかげで、オレの夏の賞与はカットだ」と死神が言ったり、消えてしまった蝋燭を見てた男が「この蝋燭は白い蝋燭だか黒い蝋燭だかわからない」なんて言うと「それはマイケル・ジャクソンだ」なんてのも序の口。死神の言うこのあとの言葉がブラック。「おめえはまだ50年間生きるはずだった。それを大宮の旦那の蝋燭と交換しちまったんだ。おめえ、悪いことしたな。大宮の主は今88歳。138歳まで生きなきゃならない」
(http://sweiver.exblog.jp/11615433/より転載)

落語400文字ストーリー

東西落語特選

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

関連記事

カテゴリー

Amazon