トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家喬太郎  花筏


↑クリックすると購入できます!
※「花筏」は収録されていません。
花筏(はないかだ)
●相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、顔付きが似ている提灯屋に、相撲は取らなくてもよいとの約束で代役を依頼した。
 相撲は大人気で六連勝の地元の素人、千鳥ケ浜と花筏を千秋楽に組ませることになった。
 恐がる提灯屋に、相手の体に触れたらすぐに倒れてしまえと、親方が知恵を付ける。
 一方、千鳥ケ浜は親に呼ばれて、遺恨相撲で投げ殺されるから止めてくれと頼まれる。
 仕切の最中、提灯屋は恐怖のあまり「南無阿弥陀仏」。これを聞いた千鳥ケ浜は「俺の為に念仏を唱えている、恐ろしい」とこちらも念仏。行司が思わず「お通夜だねまるで」
 行司が軍配を反すと、無我夢中で突き出した提灯屋の指が立ち遅れた相手の鼻と目に入った。千鳥ケ浜は土俵際で倒れそうになるが、見ると相手が先に尻餅をついている。観衆は、花筏の張り手はすごいねと関心する。
張り手が良い訳で提灯屋でございます。
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-115.html より転載)

★喬太郎 『花筏』
開口一番、「少し咳込んでいいですか」。しばらく咳込んでから、「心配そうな目で見てもらえて嬉しいです」。
喬太郎師匠の『花筏』はいずれのパートも緻密度と完成度が高くて、もちろん“喬太郎流”のクスグリもあって。こんなに満足感のある『花筏』はなかなか珍しい。やっぱり、ものすごく上手いし、ものすごく面白い。
(http://mitsuyoshiwatanabe.seesaa.net/article/3100%50183.html より転載)

喬太郎さん一席目は「花筏」。これまたまったくウケない。喬太郎さんのウケないパターンは、落語国にどっぷり浸かってしまうところに要因があるように思う。落語国のご隠居さんに、落語国の職人さん。“落語っぽさ”で表面だけ塗り固めてしまったようなイメージ。「大の落語ファン」であるという側面が悪さしてしまっているのか…。
提灯屋がびくつきながらもしっかりとハメをはずしちゃってる、という描写も薄ければ、本物の花筏関の人格の描写がないためにサゲ手前のくだりも唐突。ウケないのも仕方ない。「このあとの『短命』(ネタおろし)が気になって」と噺中に言い訳してしまうのは“喬太郎さんらしさ”ではあるが、今回はシャレになってない。なんだか可哀想に思えてしまった。
(http://waccacafe.jugem.jp/?eid=564 より転載)

・喬太郎師の花筏: 出囃子が、まかしょではなくスーダラ節だったというところで、また不安感が。「相撲中継中に、市馬師匠を見つけたら携帯メールを送りたい」、という何度か聞いたことがある枕から、花筏へ。多少、端折り、枕も入れて、20分ぐらいのと短めに終わらせた。 そのためか、盛り上がりもやや欠いた。
(http://spur-and-trail.at.webry.info/201404/article_1.html より転載)

YouTube

上方落語メモ

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon