トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家喬太郎  転失気


↑クリックすると購入できます!
※「転失気」は収録されていません。
転失気 (てんしき)
●あるお寺の住職、腹具合が悪いのでお医者さんを呼んで看てもらった。帰りがけ、お医者さまが「ときにお住持、テンシキはありますか?」と訊ねる。住職は「テンシキ」という言葉の意味がわからなかったが知ったかぶりをして「・・・いや、ございません」と答えてしまう。お医者様はそのまま帰るが、住職は気になってしょうがない。小僧の弁長を呼びつけ、「おまえはテンシキという言葉を知っているか」と質問。弁長が「知らない」と答えると「馬鹿者。だからおまえは修行がおろそかなのだ。このあいだ教えたばかりではないか。これからご近所の花屋さん、八百屋さんに行ってテンシキを借りてきなさい。そしてしっかりと覚えるのだ」と理不尽な小言。小僧の弁長はまず門前の花屋へ。主人にテンシキはありますかと問えば、「昨日まであったが、お客様が床の間に飾りたいと買っていってしまった」という。次に八百屋へ行くと「ついさっきまであったが、昼食のおつけの具にしてしまったよ」という答え。チンプンカンプンのまま寺へ帰る弁長。花屋、八百屋の答えを住職に報告すると「仕方がない。ではお医者様のところへ行って、先生に訊ねなさい。いいか、あくまで自分が知らないのでお伺いしますと言うのじゃぞ」と言われる。お医者様のところへ出かけ、「テンシキ」の意味を正直に訊ねる弁長。果たして「テンシキ」の意味は・・・。
(https://www.dplats.jp/kura/asp/itemdetail/rakugo-dl-00110/ より転載)

喬太郎さんの「転失気」はもうすごい!まず小坊主の珍念さんが悪ガキ!
住職やお店の人が転失気が何かを知らないとわかった時のにやっと笑った表情、
一杯食わせてやろうと企む時の悪さ加減が堪りません。
そして知らないことを悟られそうになると「喝!」と誤魔化す和尚が可愛いです。
喬太郎さんが大阪でもウケるのがよくわかります。大爆笑の「転失気」でした。
(http://rakugotrek.exblog.jp/11433424 より転載)

喬太郎の和尚は、小僧の珍念に問い詰められる都度、「喝――ツ、心に油断が ある」と怒鳴りつける。 「てんしき」を借りに来られた門前の花屋、テンプ ラ包む風呂敷なら大小ある、女房は手が真黒になると言う、釜敷きかと。 結 局、床の間の置物で、褒めた田舎の親戚に土産に持たせた、と。 門前の石屋 は「故陸軍歩兵上等兵」と彫っているところだったが(テレビだと意味がわか らないと喬太郎)、石屋のおっかあ「ニャオニャオ」歌う、「劇団四季」かと思 った。 さらには最近体温測っていない、「オギノ式」と間違える。 「てんし き」二つあったが、床の間に飾っておいたのはネズミが落として壊し、もう一 つはおつけの実にして食べちゃった。
(http://kbaba.asablo.jp/blog/2010/07/28/5253603 より転載)

ウィキペディア

東西落語特選

上方落語メモ

落語あらすじ事典 千字寄席

関連記事

カテゴリー

Amazon