トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

立川談志  人情八百屋


↑クリックすると購入できます!
●茅場町で棒手振り(ぼてふり)で商いをしていたのが、平助でした。霊岸島まで脚を伸ばした際、「そのナスビ、半分の5個でも売ってくれますか」と聞かれます。平助は了承しますが、見ますと息子がナスビを生でかじっています。訳を聞くと、3年来、夫が病のために伏せっていると答えます。
 平助は、本日の売り上げの300文と弁当を施します・・・・。この親子のことは、平助は気になっており、母親にも話します。十日ほども経った頃でしょうか、霊岸島に立ち寄った際、あの長屋に寄りますと、意外な話を聞き出します。
 「あの時の八百屋さんかい?聞いておくれよ、因業な大家にあの300文を、ためた店賃(たなちん)として取り上げられたんだよ、悲観した夫婦は子どもふたりを残して自害したよ。亭主があんたに会いたがっているから、上がって待っておくれ」
 帰って来た亭主の鉄五郎は兄貴肌の鳶職であり、火事の際には火消しにもなります。夫婦が自害した時には、激怒した鉄五郎は大家の家に乗り込み大暴れし、大家から葬儀代20両を引き出しました。そんな鉄五郎のことですから、義兄弟になりたいと平助に申し出ます。
 兄貴と声をかける平助に、「平さんは52歳だ、おいらは27歳だ。兄貴はいけねえ。平さん、相談だが、あの二人の子のうち、ひとりを預かっちゃもらえないか」と切り出します。「子どもを引き離しちゃいけねえ、おいらがふたりとも育てるよ」と平さんは答えます。
 「ですが、棒手振り風情の私が子どもを預かっていいものでしょうか」
 「もちろんだ、火消しのおいらが、火つけ(しつけ)をすると考えただけで怖ろしい」
(http://ameblo.jp/s-kishodo/entry-11821749263.htmlより転載)

「泣きのスレッショルド(いき値)」がどこにあるか、なんですよ。
昨今の陳腐なバラエティでもらい泣きするのか、円楽の涙にシラケるのか。
談志の「人情八百屋」で思わず涙が出る、というのはかなりスレッショルドの高い人だと推察いたします。
逆にいま人気の真打ちが同じものを演じても泣いたら、少し危ない。
下手すると「すき家の牛丼って最高ですよね」の連中と同列かもしれない。
つまり、陳腐なお涙頂戴の三文芝居では泣かないが談志(あるいは過去の名人)では泣く、この違いが大切なのだと私は考えています。
(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1096616865より転載)

YouTube

落語の舞台を歩く

関連記事

カテゴリー

Amazon