トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

桂枝雀(二代目)  親子酒


↑クリックすると購入できます!
親子酒(おやこざけ)
●酒で失敗ばかりしている跡取り息子が、酒で身上を潰すことを心配した親父が、息子に禁酒させ自分も一緒に禁酒を始めた。
ところが、何もやることがない親父の方が、五日も経つと我慢ができなくなって、息子が出かけた晩に一本だけと言い訳しつつ、塩辛を肴に飲み始めた。脇には大福を置いて息子に見つかったらお茶を飲んでいる振りをすることにした。カミさんを脅したり頼み込んだりしながら、もう一本、もう一本と飲み続けてベロベロに酔ってしまった。
そこへ息子がハイテンションで帰ってきた。
「たっだいまぁ、山田さんが晩酌に付き合えと言うが、親父との約束があるので飲めないと断ると、偉いと誉められ、じゃあ飲めと言うことで仕方なく二人で四升飲んじゃった」
「なんだおまえは、こんなに顔が七つ八つもある化け物には身上を譲れねぇ」
「おとっつぁん、あたしだって、こんなぐるぐる回る家を貰ったってしょうがねぇ」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-169.html より転載)

「親子酒」もやはり陽気な噺。
こちらは枝雀師匠おなじみの台詞である「すびばせん」を何度も聴くことができる。そして、何と言っても酔っぱらいの演技が絶品だ。
CDでは「ごとん……」という音しか確認できないのだが、客席は爆笑の渦と化している。何が起こったのだろう? と、マガジンの中身を見てみると、ちゃんと写真が掲載されている。「酔って眠ってしまった」という演出で、枝雀師匠は本当に頭を床にすりつけて寝てしまう演技をしているのだ。こうした大袈裟な演出も、好き嫌いが分かれるところだろうが、私としては天才ならではの所業であるように感じる。
(http://d.hatena.ne.jp/Clif/20110216/p1より転載)

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

落語あらすじ事典 千字寄席

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon