トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

桂枝雀(二代目)  質屋蔵


↑クリックすると購入できます!
質屋蔵(しちやぐら)
●質屋の旦那が三番蔵で化け物が出るという噂を聞いて、番頭に一晩見張っていろと命ずる。しかし、番頭がただでさえ怖がりなところ、旦那が大方質草に対する持ち主の念が化け物となっているのだろうと想像を膨らませて語るものだから、番頭は一人では嫌だという。
そこで腕自慢の熊さんを助太刀に呼ぼうということになったが、呼びにやった丁稚があることないこと言うので、叱られると思い込んだ熊さんは先にこちらから謝ろうと、酒やたくあんを勝手に拝借したことをぺらぺら白状してしまう。
旦那が「いや今日はお前の腕自慢を見込んで、化け物が出ないか見張って欲しい」と頼むと、急に弱腰になった熊さんだが、そのまま逃げることもできず、番頭と熊さんで一晩三番蔵の見張りをすることに。
最初は怖がっていたものの、酔っ払うとどうにかなるとたかをくくっていた熊さんだが、真夜中に何かが見えたと大騒ぎ。こんなことだろうと、旦那が自ら三番蔵 を覗いてみると、小柳繻子の帯と竜門の羽織が相撲を取っている。そうかと思うと、箱から菅原道真の掛け軸が勝手に出てきて、旦那に向かって「持ち主に利上 げせよと伝えよ、どうやらまた流されそうだ」というサゲ。
(http://rakugoneta.blog101.fc2.com/blog-entry-24.htmlより転載)

枝雀さんの質屋蔵は、米朝一門の中でも、ちょっと異色かもしれません。特に定吉が熊五郎を呼びに来る場面では、段々と感情が高まって最後は半泣きくらいになります。よく考えると、枝雀さんの定吉は、何故そこまで感情が高まってしまったのか、聴いている最中は枝雀さんの話術にはまって気にならないのですが、後になって、ふと、何でだろうと思います。
(http://www16.oekakibbs.com/bbs/jaimodairy/2320/log_2320.html より転載)

ビデオデッキの中古をもらって、枝雀寄席を録ったが、マシントラブルでテープを何本かオシャカにしてしまった。枝雀寄席のビデオの中に珍品がある。平成2年8月10日「質屋蔵」を演じていた枝雀が体調不良で途中降板するシーンがある。どうして内容を差し替えなかったのか不思議だ。落語を途中で止めてしまうシーンの放映など前代未聞である。
(http://www6.plala.or.jp/kmgt/uda/uda-030.htm より転載)

松本人志が選ぶ、枝雀落語
「意外と渋めなんですけどね、『質屋蔵』というのがあって、これはね、40分くらいあるんですけど、まー、流れるように喋るんですよ。まー、流暢ですごいですね。」
(NHK BSプレミアム「松本人志、落語を語る」より)

ウィキペディア

上方落語メモ

上方落語メモ

落語あらすじ事典 千字寄席

落語演目メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon