トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

古今亭志ん生 (五代目)  そば清


↑クリックすると購入できます!
そば清(そばせい)
●毎日、そば屋にやってくる男に話しかける。昨日は調子が良くて盛を十三食べたという。そこで、相手は無理だと言うところを無理に十五食べられるかどうかで一分を賭けることにする。べろりと食べて一分を持って行ってしまう。友達に十五じゃだめで二十で二分を賭けてやって見ろと言われる。次の日、相手が渋るところを、何とか了承させるが、あっさり食べてしまう。悔しくて、友達が二分出して二人で一両とし、三十枚で一両を賭けることにする。相手は食べられるわけがないと言いながらすーっと食べてしまう。三十食うとは化け物だなどと話していると、周りで皆が笑っている。あの男は清兵衛さん、人呼んで「そば清」といって、盛を五十食うとのこと。次の日、清さんに、盛を六十枚で三両賭けようと持ちかけるが、なかなか承諾しない。仕事で信州へ一月ほど行って、帰りに山の中を抜けてくると大きな岩があり、その脇で蟒蛇が人間を飲み込むのを見た。お腹がふくれて、ころころ転がって、脇にあった草を食べると膨れたお腹が元どおりになった。食べたものがこなれる草だと思い、持って帰る。皆と盛七十枚で五両を賭けることになる。次から次へとそばを平らげていき、六十八枚までになる。あと二枚というところで、清さんが縁側で風に当たりたいと言うので、皆で押してやる。清さんは何かをくしゃくしゃ舐めている。「清さん、清さん。清さんいなくなっちゃった。そばが羽織を着てやがる。ああ、どういう訳なんだろうな」--こりゃ~ね。そうゆう訳なんです。蟒蛇は人間の溶ける草を舐めた。清兵衛さんは何でも溶ける草だと思って舐めたから、何と清兵衛さんが溶けちゃって、おそばが羽織を着ていた。

マクラは食べ物、腹八分目、そばの食べ方の威勢の良さについて。マクラから本編への導入が絶品でいつの間にか入っていく。登場人物のキャラクターが滑稽で、それだけで笑えてしまう。無駄がなく、あっという間に終わってしまう。楽しめた。
(http://geza.blog22.fc2.com/blog-entry-1073.htmlより転載)

ウィキペディア

落語の舞台を歩く

落語あらすじ事典 千字寄席

東西落語特選

関連記事

カテゴリー

Amazon