トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

金原亭馬生(十代目)  百川


↑クリックすると購入できます!
百川(ももかわ)
●田舎者の百兵衛が、料亭、百川に奉公に上がった当日、羽織りを来たまま客の注文を聞くことになった。「儂、シジンケ(主人家)のカケエニン(抱え人)だ」 と、田舎訛りなので河岸の若い衆は「四神剣の掛合人」と勘違いする。昨年のお祭りで遊ぶ銭が足りなくなり「四神剣」を質に入れたことについて、隣町から掛 合いに来たのだと。その後、言葉の行き違いで、百兵衛がクワイの金団を丸呑みするはめになる。
再び呼ばれて誤解が解けて、常磐津の歌女文字師匠に「若い衆が今朝から四、五人来てる」と伝えるように言われたが、名前が覚えられず「か」が付く有名な人だと覚えた。
長谷川町まで行って「か」の有名な人を探すと鴨池医師だと教えられ「けさがけで四、五人きられた」と伝えたので、大混乱になる。
鴨池医師が来て謎が解け「お前なんか、すっかり抜けている抜け作だ」と怒鳴られると、
「カメモジとカモジ抜けてるのは一字だけ」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-132.html より転載)

今日は、金原亭馬生師の「百川」です。
師匠も志ん生師と同じく、先に市場の若い衆が歌女文字師匠を呼ぶ相談が出来て手を叩いて店の者を読んで、主が困っている処へ百兵衛さんがやって来ると言う筋です。圓生師の型とはチョット違う筋立てになっています。こういうのも楽しいですねえ。
(http://blog.livedoor.jp/isogaihajime/archives/1211345.htmlより転載)

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

落語散歩

関連記事

カテゴリー

Amazon