トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

金原亭馬生(十代目)  碁どろ


↑クリックすると購入できます!
碁どろ(ごどろ)
●碁が大好きな二人の旦那が困っている。碁に夢中になり、赤い絨毯をタバコの火で黒い点々模様に変えたばかりか、下の畳が黒焦げになっているのを見て、奥さんが禁止令を出したのだ。
タバコは隣の部屋で吸うという条件でどうにか許してもらったが、始まってしまえば約束なんかすっかり忘れて、たばこ盆を持って来いと怒鳴る。火は危ないからカラスウリの真っ赤なところを火に見立てて渡してから、奥さんは風呂に入ってしまった。
ここに泥棒が入り、誰もいないからと風呂敷一杯に物を詰め込んで帰ろうとした時に、パチリ、パチリと碁を打つ音が聞こえたので、ちょいと覗くだけのつもりがつい口を出した。
「ああ、その手はないよ、だめだめ」
「あんた、見るのは構わないけど口を出しちゃ駄目だよ」と旦那方は、碁に夢中でパチリ。
「あんたは、誰だい」パチリ「泥棒です」
「泥棒は良くないね、泥棒さん良く来たね」
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-128.htmlより転載)

音声のみです。 ニコ動にある馬生さんの噺mylist/14666332
(ニコニコ動画説明文より転載)

ウィキペディア

古典落語ネタ帳

関連記事

カテゴリー

Amazon