トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

柳家花緑  妾馬


↑クリックすると購入できます!
妾馬(めかうま)
●横町の美人娘のお鶴が、大名に見初められて、御屋敷に奉公に上がることになった。やがて殿様のお手が着き、世継ぎを産み、お部屋様となった。
 殿様の招きで、兄の八五郎がお屋敷に参上することになったが、二百両の支度金は使い果して一文なし。半纏では格好がつかないから、家主の羽織りを借りて出掛けた。
 殿様の御前では、重役の田中三太夫の妙な言葉使いが判らず、勘違いして張り倒したり、丁寧ぶった言葉使いに口が回らず本人も何を喋っているのか解らない有り様。
 殿様が「無礼講じゃ平易な言葉で話せ」というと、いきなり胡座をかいて、べらんめぇ調の大工言葉で話し始めた。三太夫がはらはらして注意しようとすると「三太夫、控えておれ」と殿様が止める。
 この後、酒を飲んで、都々逸まで歌い出した八五郎を殿様が気に入り、出世をするという目出度いお話。
(http://mengjian.blog104.fc2.com/blog-entry-110.htmlより転載)

★花緑 『妾馬』
マクラでは、喬太郎版『紙入れ』での“おかみさん”を「あんなオバさん、いますよね」とイジります。
そして、こちらも花緑師匠十八番の『妾馬』。
前半でたっぷり笑わせて、後半でちょっぴり感動させる。この“ちょっぴり”というところがミソで、「やりすぎ」にならないところで抑えるところが花緑師匠のさすがのバランス感覚だと感じます。
「死んでしまって会えないのも辛い。でも、生きていて会えないのも辛い……」という台詞が、お客さんの涙腺を刺激してました。
(http://mitsuyoshiwatanabe.seesaa.net/article/356050183.htmlより転載)

ウィキペディア

落語400文字ストーリー

落語あらすじ事典 千字寄席

落語の舞台を歩く

上方落語メモ

関連記事

カテゴリー

Amazon