トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:古典落語・改

柳亭市馬 (四代目)  粗忽の使者

いちば

↑クリックすると購入できます! 粗忽の使者(そこつのししゃ) ●杉平柾目之正の家臣、地武太治部右衛門が、殿の使者として赤井御門守の屋敷を訪れた。 使者の間に通され、田中三太夫が使者の口上を問うが思い出せない。切腹すると言い出したが…

詳細を見る

柳家喬太郎  オトミ酸

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「オトミ酸」は収録されていません。 オトミ酸(おとみさん) ●またしても物知りのご隠居のところにモノを訊きに来た八五郎。「オマエ、よくモノを聞きに来るな」「ご隠居、こないだの業平の歌、教わったまん…

詳細を見る

柳家喬太郎  抜けガヴァドン

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! 抜けガヴァドン(ぬけがヴぁどん) ●本日の池袋の高座が喬太郎師匠の仕事納め!仕事納めなので好きな噺をさせてもらうと宣言。この瞬間にウルトラマンネタだと思っていたら、導入部分が抜け雀でおかしいと思ってい…

詳細を見る

林家たい平  SHIBAHAMA

たいへい

「SHIBAHAMA」(しばはま)は、林家たい平による新作落語の演目。 概要 『芝浜』の現代版だが夫婦ではなくカップルであり、サゲは同じだが、意味合いが異っているのが特徴。 (http://ja.wikipedia.org/wiki/%…

詳細を見る

立川談笑  時そば

時そば(ときそば) 古典落語だが、談笑がやるのはふつう『時そば』と言われているものとはかなり演出が違う。後半は改作と言っていいくらいのもの。 (にこにこ動画説明文より転載) 『新宿RAKUGO☆夜明け前。』…

詳細を見る

桂米助  野球寝床

桂米助「野球落語」ボックス [DVD] 桂米助(ヨネスケ)は、現代のプロ野球を舞台とした改作「野球寝床」を十八番にしている。大家の旦那は千葉ロッテマリーンズ球団のオーナーに置き換えられ、義太夫語りはグループ会社の幹部や本社の社…

詳細を見る

立川談笑  シシカバブ問答

シシカバブ問答(ししかばぶもんどう) ●バグダッド郊外、シシカバブ屋の店先でハッサンがシシカバブを焼いている。「おい! ハッサン」「なんです、アブドゥルの親方」「おまえ、いつまでもウチでシシカバブ焼いててもしょうがねえだろ」「でも、ビンラ…

詳細を見る

立川談笑  薄型テレビ算

薄型テレビ算(うすがたてれびざん) ●10万円の予算で50インチのフルハイビジョン薄型テレビを買いたいという無茶な男が買い物上手のアニキ分と共に秋葉原へ。一通り廻ってから、秋葉原の外 れの小さな個人商店に狙いを定める。50インチのフルハイ…

詳細を見る

立川談笑  イラサリマケー

イラサリマケー(いらさりまけー) ●新宿西口。一人で気軽に飲めそうな店を見つけて入った男を出迎えたのは「イラサリマケー!」と叫ぶ異国人の店員さん。他に客は一人も居ない。「生をもらおうか」「ダイナ マイト、チュウナマイトあるよ」「…大ナマ…

詳細を見る

立川談笑  粗忽だらけ長屋

粗忽だらけ長屋(そこつだらけながや) 「粗忽だらけ長屋」これも、古典「粗忽長屋」の改作ですが、もともと不条理なとこのある噺をとんでもなく不条理な噺に仕上げてます。 マクラでは家元の体調不良を笑いにしてます。~「談志独演会」が急遽「一門会」…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon