トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:古典落語

春風亭昇太  看板のピン

しょうた

↑クリックすると購入できます! ※「看板のピン」は収録されていません。 看板のピン(かんばんのぴん) ●子分達が、ちょぼいち(親が壺の中でさいころを振り、その出た目に賭ける賭博。当たれば4~5倍の配当が払われ、負けると全額没収され…

詳細を見る

春風亭昇太  時そば

しょうた

↑クリックすると購入できます! 時そば(ときそば) ●昇太は、いつものように走らずに、静かに出て来た。 名人ぶっているので はなく、転んで足を挫いたのだという。 きのうまでは松葉杖だったが、きょ うから杖にしたら、ひとの扱いがまるで…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  付き馬

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「付き馬」は収録されていません。 付き馬(つきうま) ●吉原で「今は持ち合わせがないが、お茶屋のツケを集金すれば金ができるので、明日払いで良けりゃ遊んでってやるよ」ということでどんちゃん騒ぎが始ま…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  らくだ

いちば

↑クリックすると購入できます! らくだ (らくだ) ●長屋の嫌われ者で暴れん坊の「らくだ」がフグに当たって死んだ。最初に見つけた兄貴分は通りかかった屑屋を大家の家に使いに出して、通夜の為に酒と料理を要求するが断られる。それじゃとばか…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  百川

いちば

↑クリックすると購入できます! 百川(ももかわ) ●田舎者の百兵衛が、料亭、百川に奉公に上がった当日、羽織りを来たまま客の注文を聞くことになった。「儂、シジンケ(主人家)のカケエニン(抱え人)だ」 と、田舎訛りなので河岸の若い衆は「…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  寝床

いちば

↑クリックすると購入できます! 寝床(ねどこ) ●旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めない人にはお茶と羊羹を揃えて、座席の用意をさせる。 さて当日になって、何人集まるか番頭に聞くと、やれ無尽だお産だ…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  笠碁

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「笠碁」は収録されていません。 笠碁(かさご) ●碁敵の旦那二人、今日は待ったなしでやることにしよう、よし分かった、と。  初めは快調に指していたが、ちょいと間違えたので今のはなしにしよう、など…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  試し酒

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「試し酒」は収録されていません。 試し酒 (ためしざけ) ●近江屋の主が一辺に五升の酒を飲める下男の久蔵をつれて、お得意さん回りに行く。そこの主に久蔵が五升の酒を飲めると告げると、そんな飲めもんじ…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  雛鍔

いちば

↑クリックすると購入できます! 雛鍔(ひなつば) ●ある植木屋が、大きな武家屋敷で仕事中、昼休みに一服やっていると、若さまがチョロチョロ庭に出てきた。 泉水の傍に落ちていた穴あきの四文銭を拾って、お付きの三太夫に「これは何か?」と…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  大工調べ

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「大工調べ」は収録されていません。 大工調べ(だいくしらべ) ●「おう、いるか」 「あぁ、棟梁」 「なんだい、ぼんやりして。まぁ、いいや。明日から番町の方の屋敷の仕事が入ったんでな、今日のうち…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon