トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:古典落語

柳亭市馬 (四代目)  転宅

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「転宅」は収録されていません。 転宅(てんたく) ●妾宅から旦那が帰宅。お妾のお梅さんが見送りに行くと、その留守に泥棒が侵入してきた。この泥棒、旦那が帰りがけにお梅に五十円渡して帰ったのを聴きつけ…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  出来心

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「出来心」は収録されていません。 出来心(できごころ) ●泥棒の親分が新米を呼んで、お前は泥棒に向いてないからやめた方がよいと説教すると、まじめに悪事に励みますと言う。 じゃ、まず空き巣の修行か…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  長屋の花見

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「長屋の花見」は収録されていません。 長屋の花見(ながやのはなみ) ●家主が呼んでいるというので、長屋の連中が店賃の催促かとびくびくしながら集まった。 大家が酒肴を用意したので、皆で花見に行こう…

詳細を見る

柳亭市馬 (四代目)  蝦蟇の油

いちば

↑クリックすると購入できます! ※「蝦蟇の油」は収録されていません。 蝦蟇の油 (がまのあぶら) ●大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴姿で、 さあさ、御用とお急ぎでない方はゆっくりと見ておいで……

詳細を見る

立川談志  千早ふる

談志

↑クリックすると購入できます! 千早ふる(ちはやふる) ●百人一首で遊んでいた娘が親父に在原業平が詠んだ「千早振る神代もきかず竜田川からくれないに水くぐるとは」という和歌の意味をたずねる。答えをしらない親父は横町の隠居に尋ねる。隠居…

詳細を見る

林屋亭どん兵衛  子は鎹

%e3%81%a9%e3%82%93%e5%85%b5%e8%a1%9b

↑クリックすると購入できます! 子別れ(こわかれ) ●吉原の廓遊びで朝帰りの亭主が、文句を言う女房に対して、家風に合わないから出て行けと怒鳴ってしまった。子どもが「お父つぁんが悪い」というと、これも家風に合わないから出て行けと、二人…

詳細を見る

林屋亭どん兵衛  品川心中

%e3%81%a9%e3%82%93%e5%85%b5%e8%a1%9b

↑クリックすると購入できます! 品川心中(しながわしんじゅう) ●かつては品川ナンバーワン女郎を張っていたお染だが、年を重ねるごとに男たちは若い女郎のもとへ。プライド高きお染は非モテのまま生きつづけるくらいなら いっそ死のう、しかし…

詳細を見る

林屋亭どん兵衛  粗忽長屋

%e3%81%a9%e3%82%93%e5%85%b5%e8%a1%9b

↑クリックすると購入できます! 粗忽長屋(そこつながや) ●朝から夫婦喧嘩しやがって。おらぁ独り者だ。だって、このかかぁ出てけって言ったろ。 赤犬が入って来たから、このあかぁ出てけって言ったんだ。そんな犬はぶっ殺して熊の胆を取るん…

詳細を見る

林屋亭どん兵衛  出来心

%e3%81%a9%e3%82%93%e5%85%b5%e8%a1%9b

↑クリックすると購入できます! 花色木綿(はないろもめん) ●家に泥棒にはいられた男が、大家さんにその被害報告をいたします。 (といいつつ実はなにも盗られていない) 大家「(途中略)それで、裏はなんだ」 男 「裏は、、どうも…

詳細を見る

林屋亭どん兵衛  猫の皿

%e3%81%a9%e3%82%93%e5%85%b5%e8%a1%9b

↑クリックすると購入できます! 猫の皿(ねこのさら) ●地方で古いものを買い付けては江戸に持ち帰り、骨董品として売る果師(はたし)が、旅姿で川越方面に買い付けに行ったが、目ぼしい収穫もなく夕暮れを迎えた。 茶屋で休むと、三百両でも…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon