トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:新作落語

三遊亭白鳥  マキシム・ド・のん兵衛

マキシム・ド・のん兵衛(まきしむ・ど・のんべぇ) ●成増の片隅で、老夫婦が細々と営んでいる居酒屋「呑兵衛」。いつも閑古鳥が鳴いている。ある日、銀座のフレンチレストランに行かないかと孫に誘われる。一流店のサービスに感激した夫婦は、居酒屋の名…

詳細を見る

桂文枝(六代)  お忘れ物承り所

ぶんし

お忘れ物承り所(おわすれものうけたまわりじょ) ●駅の忘れ物承り所に傘を忘れた男がやってきた。どんな傘かと聞くと要領を得ないが、どこで忘れたかと訊くと、「昨日の環状線の夜の10時15分の内回り、前から2両目の進行方向向かって右側の1番前の…

詳細を見る

三遊亭圓歌(三代目) 中沢家の人々

中沢家の人々(なかざわけのひとびと) ●「オレが出るなり『よっ! 待ってましたダンカ!』って言う奴がいるんだよ。圓歌って字をどうやったらダンカって読めるんだよ。他にも『待ってました歌奴!』って言いやがる奴もいるし。オレが歌奴から圓歌にな…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon