トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:映画 幕末太陽傳

金原亭馬生(十代目)  お見立て

ばしょう

↑クリックすると購入できます! ※「お見立て」は収録されていません。 お見立て(おみたて) ●嫌な客が来たから断っておくれと喜瀬川花魁に頼まれた中どんが、花魁がお待ち兼ねですと言ったので今更断れないというと、病気で入院したと言えと…

詳細を見る

古今亭志ん生 (五代目)  居残り佐平次

志ん生

↑クリックすると購入できます! 居残り佐平次(いのこりさへいじ) ●右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。その輪にいた佐平次という男が「品川にある遊郭に繰り出そう」と言い出した。金もないのにどうやって?と思いながらも一…

詳細を見る

立川談志  居残り佐平次

談志

↑クリックすると購入できます! 居残り佐平次(いのこりさへいじ) ●右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。その輪にいた佐平次という男が「品川にある遊郭に繰り出そう」と言い出した。金もないのにどうやって?と思いながらも一…

詳細を見る

立川談志  品川心中(下)

談志

↑クリックすると購入できます! 品川心中(下) (しながわしんじゅう) ●聞いていた親分がそれでは仕返しをしてあげるという。 まず、金蔵をお染めの所に行かせ、「今、生き返ったところだ」と話します。 そこに子分の”たみ公”を連れて…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 居残り佐平次

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 居残り佐平次(いのこりさへいじ) ●右を向いても左を向いても貧乏人が集まったとある長屋。その輪にいた佐平次という男が「品川にある遊郭に繰り出そう」と言い出した。金もないのにどうやって?と思いながらも一…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 三枚起請

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 三枚起請(さんまいきしょう) ●棟梁が猪之さんを呼び付けて、女遊びをたしなめている。猪之さんは、遊びじゃないと「年季が明けたら夫婦になる」と記した起請文を見せる。これを見た棟梁は、この喜瀬川って花魁は…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 文七元結

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。返済期限を過ぎるとお久に客をとらせると…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 品川心中

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 品川心中(しながわしんじゅう) ●かつては品川ナンバーワン女郎を張っていたお染だが、年を重ねるごとに男たちは若い女郎のもとへ。プライド高きお染は非モテのまま生きつづけるくらいなら いっそ死のう、し…

詳細を見る

林家たい平  お見立て

たいへい

※「お見立て」は収録されていません。 お見立て(おみたて) ●嫌な客が来たから断っておくれと喜瀬川花魁に頼まれた中どんが、花魁がお待ち兼ねですと言ったので今更断れないというと、病気で入院したと言えと指示されて客に告げる。 年季明けには夫…

詳細を見る

三遊亭圓生 (六代目)   品川心中

えんしょう

品川心中(しながわしんじゅう) ●品川の花魁「お染」は、住み替えの金が出来ないために下の女から馬鹿にされるので、死ぬことを決断する。1人で死ぬのは嫌なので誰か道連れをつくることを考える。なじみの客から道連れを選び、少々ぼんやりしている貸…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon