トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 か 桂ざこば(二代目)

桂ざこば  厩火事

ざこば

厩火事(うまやかじ) ●髪結いで生計を立てているお崎の亭主は文字通り「髪結いの亭主」で、怠け者。 昼間から遊び酒ばかり呑んでいる年下の亭主とは口喧嘩が絶えません。 しかし本当に愛想が尽き果てたわけではなく、亭主の心持ちが分からないと仲人…

詳細を見る

桂ざこば  へっつい幽霊

ざこば

へっつい幽霊(へっついゆうれい) ●売ったへっついから幽霊が出ると言う噂に困った道具屋が、1両付けて熊五郎と若旦那に引き取ってもらった。二人で家に持ち帰る途中、どこかにぶつけて、へっついが欠けて300両が出て来た。二人で山分けして、若旦…

詳細を見る

桂ざこば  天災

ざこば

天災(てんさい) ●私は紅羅坊名丸(べにらぼうなまる)ですが、ご隠居さんのお手紙を拝見すると”おっかさん”に手を挙げるそうですが、そのような事はないでしょ。ない!蹴飛ばす。では、お話をしますと、喧嘩がお好きなようですが、柳に風のごとく、…

詳細を見る

桂ざこば  崇徳院

ざこば

崇徳院(すとくいん) ●若旦那が寝込んでしまった。旦那様に頼まれて熊さんが聞いてみると、清水院で出会ったお嬢さんが忘れられない恋煩いだった。熊さんが腰に草鞋をぶら下げて相手のお嬢様を探しに出掛ける、首尾よく探し当てたら三軒長屋が貰えるの…

詳細を見る

桂ざこば(二代目)  青菜

ざこば

青菜(あおな) ●ある夏の夕暮れ。庭仕事を終えた植木屋さんに、旦那が「一杯付き合っていただけませんか」と声をかけた。出された酒は「柳影」という焼酎にみりんを混ぜたものを良く冷やし、ガラスの杯で。肴は鯉の洗い。いずれも涼しげで、植木屋さん…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon