トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 き 金原亭馬生(十代目)

金原亭馬生(十代目)  厩火事

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 厩火事(うまやかじ) ●髪結いで生計を立てているお崎の亭主は文字通り「髪結いの亭主」で、怠け者。 昼間から遊び酒ばかり呑んでいる年下の亭主とは口喧嘩が絶えません。 しかし本当に愛想が尽き果てたわけ…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  今戸の狐

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 今戸の狐(いまどのきつね) ●江戸の中橋に名人初代三笑亭可楽が住んでいた。その門下に若い二つ目の良助がいた。寄席の上がりだけでは生活が出来ない上に、通い弟子なので暮らしに困りはてていた。師匠は厳しく内…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  お見立て

ばしょう

↑クリックすると購入できます! ※「お見立て」は収録されていません。 お見立て(おみたて) ●嫌な客が来たから断っておくれと喜瀬川花魁に頼まれた中どんが、花魁がお待ち兼ねですと言ったので今更断れないというと、病気で入院したと言えと…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  文七元結

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 文七元結(ぶんしちもっとい) ●本所達磨横町の左官の長兵衛は腕はいいが、博打にこり家は貧乏だ。娘のお久が吉原の佐野槌に自分の身を売って急場をしのぎたいと駆け込む。返済期限を過ぎるとお久に客をとらせると…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  大山詣り

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 大山詣り(おおやままいり) ●毎年恒例の大山詣りに出掛ける前に、旅で暴れた奴は丸坊主にする約束をした。  山の帰りに神奈川の宿に着いてから、酔った勢いで風呂場で騒ぎが始まった。張本人の熊吉が寝ている…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  道具屋

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 道具屋(どうぐや) ●与太郎さんが大家に呼ばれて来てみると、お袋さんが泣いてたという。「年増を泣かすのは、つれー」、「バカ、親を泣かせてなにが年増だ」。三十過ぎて遊んでいたらいけないので、何か商売をし…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  佐野山

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 佐野山(さのやま) ●十両の筆頭に上がってきた佐野山は小兵ながら親孝行であった。しかし、母親が大病を患って看病したが治らず、貧乏であったので食べ物を減らして土俵に上がったが、お粥だけでは力が出なかった…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  たがや

ばしょう

↑クリックすると購入できます! たがや(たがや) ●川開きの日、花火を見ようと両国橋は花火を見ようとする人でごった返している。そこを、馬に乗った殿様が、家来を二人、槍持ちが一人を従えてやってきた。「よれい!」橋の上には一本の道が出来…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  たがや

ばしょう

↑クリックすると購入できます! たがや(たがや) ●川開きの日、花火を見ようと両国橋は花火を見ようとする人でごった返している。そこを、馬に乗った殿様が、家来を二人、槍持ちが一人を従えてやってきた。「よれい!」橋の上には一本の道が出来…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  崇徳院

ばしょう

↑クリックすると購入できます! ※「崇徳院」は収録されていません。 崇徳院(すとくいん) ●若旦那が寝込んでしまった。旦那様に頼まれて熊さんが聞いてみると、清水院で出会ったお嬢さんが忘れられない恋煩いだった。熊さんが腰に草鞋をぶら…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon