トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 き 金原亭馬生(十代目)

金原亭馬生(十代目)  初天神

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 初天神(はつてんじん) ●初天神にお詣りに行くからと、羽織を出させて出かけようとするところに、金坊が帰ってくる。金坊はどこかに連れ出すと、必ず「あれ買え、これ買え」と、うるさいので連れていきたくないと…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  幾代餅

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 幾代餅(いくよもち) ●え~、ま、我々のほうで、よくお遊びの噺を申し上げます。ん~、遊びというと、これは日本ばかりではございません、世界各国どこでも同じで、飲む、打つ、買うという、三つに絞られますね。…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  百川

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 百川(ももかわ) ●田舎者の百兵衛が、料亭、百川に奉公に上がった当日、羽織りを来たまま客の注文を聞くことになった。「儂、シジンケ(主人家)のカケエニン(抱え人)だ」 と、田舎訛りなので河岸の若い衆は「…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  抜け雀

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 抜け雀(ぬけすずめ) ●小田原の宿で、薄汚れた旅人が毎日三升の酒を飲み、何もせず寝てばかりで七日が過ぎた。金は無いが、自分は狩野派の絵師だからと、衝立に墨で雀の絵を描いた。江戸へ行き、帰りに寄って金を…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  明烏

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 明烏(あけがらす) ●遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。日帰りのお参りで…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  中村仲蔵

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 中村仲蔵(なかむらなかぞう) ●芝居修行を続けて名題に昇格した中村仲蔵が、どんな大役がもらえるかと期待していると、与えられた役は、つまらない場面なので客が食事をする弁当幕と呼ばれる、忠臣蔵五段目の端役…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  親子酒

ばしょう

↑クリックすると購入できます! ※「親子酒」は収録されていません。 親子酒(おやこざけ) ●酒の好きな親子が息子の将来のためにと二人で禁酒の約束をした。しかし暑さにつけ寒さにつけほしくなるもので、息子が出かけた留守に女房を拝み倒し…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  蝦蟇の油

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 蝦蟇の油 (がまのあぶら) ●大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴姿で、 さあさ、御用とお急ぎでない方はゆっくりと見ておいで……遥か 筑波山の四六のがまだ、四六五六は…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  あくび指南

ばしょう

↑クリックすると購入できます! あくび指南(あくびしなん) ●江戸時代、平穏な世の中、江戸の町には様々な習い事があり、義太夫や謡やどどいつやら暇にまかせてそれらを習おうとする町人が多くそういうお師匠さんが、いたるところにいました。暇…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  千両みかん

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 千両みかん(せんりょうみかん) ●日本橋のさる大店の若旦那が、病にかかってしまいました。可愛い跡取り息子のこと、両親はたいそう心配します。医者が言うには、なにか思い煩っているのだろうとのこと。ところが…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon