トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 き 金原亭馬生(十代目)

金原亭馬生(十代目)  ざる屋

ばしょう

↑クリックすると購入できます! ざる屋(ざるや) ●紹介されてざるやで働くことになった男が、売り声を教えてもらってざる売りに出掛けた。 「米があがるぅ米上げぇざるぅ」 これを聞き付けた商家の旦那が、「米上げざる」とは縁起が良い、…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  夢金

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 夢金(ゆめきん) ●冬の寒い日のことです。曰くありげな浪人と、いいところのお嬢様が、品川まで行ってくれと船に乗り込んできました。しばらく行くと、浪人が船頭に耳打ちします。 「あの女は、呉服問屋の娘で…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  らくだ

ばしょう

↑クリックすると購入できます! らくだ (らくだ) ●長屋の嫌われ者で暴れん坊の「らくだ」がフグに当たって死んだ。最初に見つけた兄貴分は通りかかった屑屋を大家の家に使いに出して、通夜の為に酒と料理を要求するが断られる。それじゃとばか…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  目黒のさんま

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 目黒のさんま (めぐろのさんま) ●秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂いは何かと尋ねる。さんまという下衆魚で下衆下民が食す魚だと答えるが、苦しゅうない持参致せと。 …

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  王子の狐

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 王子の狐(おうじのきつね) ●王子稲荷(東京都北区王子)の狐は、昔から人を化かすことで有名だった。 ある男、王子稲荷に参詣した帰り道、一匹の狐が美女に化けるところを見かける。どうやらこれから人を化か…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  花筏

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 花筏(はないかだ) ●相撲部屋の親方がなじみの提灯屋を訪れる。頼みがあるという。今度、銚子へ地方巡業、部屋の大関、花筏は病気。相手方は大関は来てくれればいいと言うので引き受けたが、寝込んでしまった。提…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  花見の仇討ち

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 花見の仇討ち(はなみのあだうち) ●その頃町人の花見は向島堤か飛鳥山に限られておりました。何しろ盛りの短い花でございますから、桜の季節になりますとどこでも花見の相談で大変だったそうでございます。 「…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  二番煎じ

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 二番煎じ(にばんせんじ) ●「火事は江戸の華」といわれた時代。寒さ厳しい冬のある晩、番太だけでは心もとないと、町内の旦那衆が夜回りをすることになった。番屋に集まった旦那衆は二組に分かれて夜回りに出る。…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  鰍沢

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 鰍沢(かじかざわ) ●身延山に参詣した帰り道、江戸商人の新介は雪に見舞われた。雪道を歩いて行くうちにすっかり日が暮れてしまい、新介は民家で一晩泊めてもらうことにした。そこには、格好はみすぼらしいが、美…

詳細を見る

金原亭馬生(十代目)  宿屋の富

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 宿屋の富 (やどやのとみ) ●旅籠屋で客の男が、宿の主に語っている。 「わしはこんな成りをしているが、金が余って困っている。大名が十万両二十万両なんて端金を借りにくるのは良いが、返す段になると利息を…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon