トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 こ 古今亭志ん朝(三代目)

古今亭志ん朝(三代目)  堀の内

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 堀の内(ほりのうち) ●あわて者の熊五郎は、自分のそそっかしい癖を信心で治そうというかみさんの提案で「堀の内の御祖師様」へ毎日お参りに行くことにする。しかし、そそっかしい男が行くまでの間にトラブルを引…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  大山詣り

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 大山詣り(おおやままいり) ●毎年恒例の大山詣りに出掛ける前に、旅で暴れた奴は丸坊主にする約束をした。  山の帰りに神奈川の宿に着いてから、酔った勢いで風呂場で騒ぎが始まった。張本人の熊吉が寝ている…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  中村仲蔵

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 中村仲蔵(なかむらなかぞう) ●芝居修行を続けて名題に昇格した中村仲蔵が、どんな大役がもらえるかと期待していると、与えられた役は、つまらない場面なので客が食事をする弁当幕と呼ばれる、忠臣蔵五段目の端役…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  へっつい幽霊

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! へっつい幽霊(へっついゆうれい) ●売ったへっついから幽霊が出ると言う噂に困った道具屋が、1両付けて熊五郎と若旦那に引き取ってもらった。二人で家に持ち帰る途中、どこかにぶつけて、へっついが欠けて300…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  ぞろぞろ

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ぞろぞろ(ぞろぞろ) ●以前は大いに栄えた浅草の太郎稲荷だが、人気がなくなり、たくさん立っていた幟の数もたった一つになった。この稲荷の前に一軒の茶店が残ったが茶店だけでは成り立たず、荒物や飴菓子を並べ…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  宗珉の滝

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 宗珉の滝(そうみんのたき) ●宗珉(そうみん)は落語「錦明竹」に「横谷(よこや)宗珉四分一拵小柄付の脇差」で出てくる刀剣装飾の金工職人、腰元彫りの名人。 横谷宗珉の弟子、宗次郎が勘当されて、紀州は熊…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  今戸の狐

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 今戸の狐(いまどのきつね) ●江戸の中橋に名人初代三笑亭可楽が住んでいた。その門下に若い二つ目の良助がいた。寄席の上がりだけでは生活が出来ない上に、通い弟子なので暮らしに困りはてていた。師匠は厳しく内…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  文違い

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 文違い(ふみちがい) ●女郎が客からお足を巻き上げて自分の思っている男に貢ぐが、彼の忘れていった手紙で自分が騙されていたことを知る。騙された客も女郎あての手紙を見て、自分が騙されたことを知る。騙され同…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  寝床

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 寝床(ねどこ) ●旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めない人にはお茶と羊羹を揃えて、座席の用意をさせる。 さて当日になって、何人集まるか番頭に聞くと、やれ無尽だお産だ…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  時そば

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 時そば(ときそば) ●江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでいた。 「おーい蕎麦屋、何が出来る?」「へい、出来ますものは花巻に卓袱です」「それじゃ、卓袱を熱くしてくんな…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon