トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 こ 古今亭志ん朝(三代目)

古今亭志ん朝(三代目)  反魂香

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 反魂香(はんごんこう) ●夜中に一つカネをたたいて回向をしている、長屋の坊主の所に、八五郎が夜、手水にも行けないと掛け合いに来た。 坊主は名を道哲と言い元・島田重三郎と言う浪人であった。吉原の三浦屋の…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  化け物使い

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 化け物使い(ばけものつかい) ●人使いの荒いご隠居がいて、次々と奉公人を雇うが、三日も経たずに「暇をもらいたい、 こう人使いが荒くちゃ辛抱なりかねます」と辞めてしまう。ところが、新しい奉公人の杢助は…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  蒟蒻問答

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 蒟蒻問答(こんにゃくもんどう) ●州安中で店を開くこんにゃく屋の六兵衛のところへ厄介になっていた道楽者の男が、 遊んでばかりもいられないからと寺の和尚になることになりました。 ところが経を読め…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  子別れ・上(強飯の女郎買い) 強飯の遊び

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ※「強飯の遊び」は収録されていません。 強飯の遊び(こわめしのあそび) ●熊が甚兵衛さんに起こされる。隠居の弔いを手伝いに来て、土瓶に入った酒を三つばかり飲んで寝込んでしまったのだ。みんな帰ったので…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  お茶汲み

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! お茶汲み(おちゃくみ) ●吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という女郎がいきなり悲鳴を上げた。聞けば、駆け落ちをした男の病気を治そうと、金のためにこんな世界に身…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  錦の袈裟

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ※写真は圓生となっていますが、志ん朝の「錦の袈裟」が収録されています。 錦の袈裟 (にしきのけさ) ●町内の若者たちが吉原へ遊びに行くについて相談をした。 「質屋に何枚か質流れの錦の布があり、『な…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 碁泥

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 碁泥(ごどろ) ●マクラは将棋とご自身の思い出について。碁好きの二人。あまりに熱中しすぎて、たばこの吸い殻を絨毯の上に落として焼けこげを作るということで、奥さんから碁を禁止される。考えたあげくたばこは…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  粗忽の使者

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 粗忽の使者(そこつのししゃ) ●杉平柾目之正の家臣、地武太治部右衛門が、殿の使者として赤井御門守の屋敷を訪れた。 使者の間に通され、田中三太夫が使者の口上を問うが思い出せない。切腹すると言い出したが…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 試し酒

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 試し酒 (ためしざけ) ●お店の旦那があって、酒の強い下男がおり一時に五升はいけるという話が出て賭けをする。それを聞いた下男は負けて主人に迷惑をかけてはいけないから外で考えてくると言って出て行く。…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  子別れ

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 子別れ(こわかれ) ●吉原の廓遊びで朝帰りの亭主が、文句を言う女房に対して、家風に合わないから出て行けと怒鳴ってしまった。子どもが「お父つぁんが悪い」というと、これも家風に合わないから出て行けと、二人…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon