トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 こ 古今亭志ん朝(三代目)

古今亭志ん朝(三代目)  富久

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 富久(とみきゅう) ●久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈河岸で一人暮らし。訪ねて来た吉兵衛から売れ残った最後の千両富買って、大事な富籤だからと大神宮様のお宮の中に隠…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  水屋の富

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 水屋の富(みずやのとみ) ●え~、今年の夏は何とか、やっとこ、さっとこ、細々ともったようですけども、毎年夏になると、この東京というところでは水不足でもって悩まされまして、え~、どうもこの、今更始まった…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 猫の皿

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 猫の皿(ねこのさら) ●地方で古いものを買い付けては江戸に持ち帰り、骨董品として売る果師(はたし)が、旅姿で川越方面に買い付けに行ったが、目ぼしい収穫もなく夕暮れを迎えた。 茶屋で休むと、三百両でも…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 三方一両損

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ※「三方一両損」は収録されていません。 三方一両損(さんぽういちりょうぞん) ●財布を拾うと印形と書き付けと3両が入っていた。 書き付けから神田竪大工町、大工の”吉五郎”と分かり届けてあげると、鰯…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) そば清

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ※「そば清」は収録されていません。 そば清(そばせい) ●ソバを13枚食べたのを見ていた客が、今日は15枚食べられないかとけしかけた。身体が調子良かったので食べられたが15枚は無理だというのを、1分…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  柳田格之進

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 柳田格之進(やなぎだかくのしん) ●柳田角之進が碁敵の萬屋源兵衛に誘われた晩、店の集金五十両が消えていた。番頭が柳田の長屋に押しかけて、奉行所に訴えると告げると、浪人の身で詮索されるのは好まないから五…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  お化け長屋

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! お化け長屋(おばけながや) ●長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが借りに来たら、一番古株の杢兵衛さんが差配になりすまして怖い話をして追い返すことにした。 話の筋はこ…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  狸賽

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ※「狸賽」は収録されていません。 狸賽(たぬさい) ●昼間助けてもらった狸の子が、恩返しをするように親狸に言われたと訪ねて来た。 どんな恩返しが出来るか相談して、賽に化けてインチキ博打の手助けをす…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  明烏

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 明烏(あけがらす) ●異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向屋半兵衛のせがれ時次郎。今年十九だというに、いつも本にばかりかじりつき、女となればたとえ雌 猫でも鳥肌が立つ。今日も今日とて…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 黄金餅

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 黄金餅(こがねもち) ●下谷山崎町の裏長屋に住む坊主の西念は、頭陀袋をさげて市中を回り金をもらい貯めこんでいる。 西念が患って寝込んでいる所へ、隣の部屋に住む金山寺味噌売りの金兵衛が見舞いに来る。 …

詳細を見る

カテゴリー

Amazon