トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 こ 古今亭志ん朝(三代目)

古今亭志ん朝(三代目) 茶金

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 茶金(ちゃきん) ●江戸出身の油屋が、清水の茶店で、有名な道具屋の茶金さんが店の湯飲をまじまじと見てため息をついたことから、その湯飲みを持ち金をはたいて譲ってもらう。それを、茶金さんの店に持って行って…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 宮戸川

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 宮戸川(みやとがわ) ●小網町に住む半七は、友人宅で大好きな将棋を指していて帰りが遅くなってしまい、締め出しを食ってしまった。お花も友人宅でカルタをしていたら帰りが遅くなり、締め出しを食ってしまったと…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 元犬

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 元犬(もといぬ) ●蔵前の八幡様の境内に真っ白な野良犬がいて、人々が、白い犬は今度生まれ代わったら人間になると言った。今度じゃなくて今が良いと、犬が八幡様に裸足参りをして満願の日に、毛が抜けて人間にな…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  浜野矩随

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 浜野矩随(はまののりゆき) ●浜野矩随のおやじ矩安(のりやす)は、刀剣の付属用品を彫刻する「腰元彫り」の名人だった。おやじの死後、矩随も腰元彫りを生業としているが、てんでへたくそ。芝神明前の袋物屋・若…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  夢金

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 夢金(ゆめきん) ●雪がしんしんと降る夜、侍と妹と名乗る二人連れが船宿で屋根舟を頼んだ。付いた船頭は強欲の熊五郎。船も進み妹が寝入った頃に侍が熊五郎に持ちかけた話とは。 この娘は、とある商家の娘で奉…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  野晒し

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 野晒し(のざらし) ●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。 向島の土手下で…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  蔵前駕籠

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 蔵前駕籠(くらまえかご) ●吉原へ遊びに行くのにトボトボ歩いて行くのは野暮ってもんで、籠で入るのが粋だった江戸末期、食い詰め浪人達が集団追いはぎとなって籠を襲う。吉原に遊びに行こうって連中だから金は…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 佃祭り

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 佃祭り (つくだまつり) ●神田お玉ケ池の次郎兵衛が、佃島の住吉様の祭りに出掛け、暮れ六つの終い船で帰ろうとした時、女に呼止められ、乗り損なった。 女の話を聞けば、三年前に吾妻橋で身投げをしようとし…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) 百年目

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 百年目 (ひゃくねんめ) ●四六時中使用人に小言を言い続ける堅い人で通っている大番頭が、花見の季節に店を出て、予て用意しておいた着物に着替え、芸者衆と一緒に屋形船に乗り込んだ。正体がばれないようにと…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目) たいこ腹

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! ※「たいこ腹」は収録されていません。 たいこ腹(たいこばら) ●ありとあらゆる遊びに凝った伊勢屋の道楽息子・孝太郎。 今度は鍼療治に凝りだしたが、練習ばかりでは飽きてくる。 今すぐにでも人に打っ…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon