トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 し 笑福亭鶴光

笑福亭鶴光 竹の水仙

竹の水仙(たけのすいせん) ●飛騨で大工の腕を磨いた甚五郎、棟梁の勧めで京都の大工に勤めにいく。酒が好きでサボってばかりなのだが、宮中の依頼で見事な水仙の彫り物を献上し左の官を授かりその名も売れる。 甚五郎は京都は飽きたとフラリと江戸に…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon