トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 た 立川志の輔

立川志の輔  三軒長屋

志の輔

↑クリックすると購入できます! 三軒長屋(さんげんながや) ●三軒長屋の両端に鳶の頭と剣術の楠木先生、真ん中には質屋の妾が住んでいる。頭の家では若い者が喧嘩騒ぎ、道場は稽古で喧しい。  質屋の旦那が泊まりに来た夜も、壁から出刃の先が…

詳細を見る

立川志の輔  百年目

志の輔

↑クリックすると購入できます! 百年目 (ひゃくねんめ) ●お店の大番頭は奉公人の定吉と二番番頭に小言を言って出かけていった。外へ出ると、幇間の一八が近寄ってくるが、知らないふりをして帰らせた後、路地の駄菓子屋へ入り、衣服を着替えて…

詳細を見る

立川志の輔  質屋暦

志の輔

↑クリックすると購入できます! ※「質屋暦」は収録されていません。 質屋暦(しちやごよみ) ●旧暦から新暦への暦の変わり目で、人はいかにとまどい、不思議な振る舞いをするのか。志の輔らくごならではの、ひとのおかしさをやさしくのぞきこ…

詳細を見る

立川志の輔  三方一両損

志の輔

↑クリックすると購入できます! ※「三方一両損」は収録されていません。 三方一両損(さんぽういちりょうぞん) ●左官の金太郎が書付けと印形と三両入った財布を拾う。書付けにある住所を頼りに大工の吉五郎の住む長屋にやって来る。 吉五…

詳細を見る

立川志の輔  徂徠豆腐

志の輔

↑クリックすると購入できます! ※「徂徠豆腐」は収録されていません。 徂徠豆腐(そらいどうふ) ●徂徠が貧しい学者時代に空腹の為に金を持たずに豆腐を注文し店先で食べてしまう。豆腐屋は、それを許してくれたばかりか、貧しい中で徂徠に支…

詳細を見る

立川志の輔  猿後家

志の輔

↑クリックすると購入できます! 猿後家(さるごけ) ●とある大きな呉服屋の後家さんは、顔が「サル」にとても似ていた。それゆえ、周りの人たちからは「猿後家」と呼ばれていた。当人はそれがとても気になるらしく、街のひそひそ話が聞こえただけ…

詳細を見る

立川志の輔  蜘蛛駕籠

志の輔

↑クリックすると購入できます! 蜘蛛駕籠(くもかご) ●鈴が森で客待ちをしている駕籠(かご) 屋の二人組。 ところが、前棒がおめでたい野郎で、相棒がはばかりに行っている間に、茶店のおやじをつかまえて「だんな、へい駕籠」と遣る始末で…

詳細を見る

立川志の輔  八五郎出世

志の輔

↑クリックすると購入できます! 八五郎出世(はちごろうしゅっせ) ●横町の美人娘のお鶴が、大名に見初められて、御屋敷に奉公に上がることになった。やがて殿様のお手が着き、世継ぎを産み、お部屋様となった。  殿様の招きで、兄の八五郎が…

詳細を見る

立川志の輔  宿屋の仇討

志の輔

↑クリックすると購入できます! 宿屋の仇討(やどやのあだうち) ●宿に泊まった三人組が、飲めや歌えで騒いでいると、隣の侍が若いしの伊八を呼びつけ静かにするように命じる。いったんは静まるが、すぐに寝床の中で相撲をとって騒ぐ。再び、伊八…

詳細を見る

立川志の輔  禁酒番屋

志の輔

↑クリックすると購入できます! ※「禁酒番屋」は収録されていません。 禁酒番屋(きんしゅばんや) ●ある藩で家臣が酒の上で大失態をした。そこで、殿様は藩屋敷に禁酒令を出し門のところに禁酒番屋を設けて、持ち込み品を全部検査することに…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon