トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 た 立川談志

立川談志  鼠穴

談志

↑クリックすると購入できます! 鼠穴(ねずみあな) ●江戸の兄を頼って、越後から弟が職探しに来た。兄は、商いの元にと銭をくれたが、開けてみると三文しか入っていない。 馬鹿にするなと、一旦は腹を立てるが、これでさんだらぼっちを買って…

詳細を見る

立川談志  芝浜

談志

↑クリックすると購入できます! 芝浜(しばはま) ●毎日飲んだくれて仕事に行かない魚屋に女房が小言をたれる。明日から商いに出るから今夜を最後にたらふく飲ませろと、飲んだ翌朝、女房に起こされて、渋々商いに出かけた。 芝浜で日の出を眺…

詳細を見る

立川談志  黄金餅

談志

↑クリックすると購入できます! 黄金餅(こがねもち) ●あれ? 西念のやつ、薄暗い部屋で餅なんか並べて、何をやってんだろ。あんこだけ取り出してなめてるけど、嫌な食べ方だなぁ。餅だけ残したって仕方ないだろうに。なんか難しい顔して考え込…

詳細を見る

立川談志  品川心中(上)

談志

↑クリックすると購入できます! 品川心中(しながわしんじゅう) ●品川の白木屋という見世でずっと板頭(いたがしら=筆頭女郎)を張ってきたお染。寄る年波(?)には勝てず、板頭とは名ばかり。次第に客も減り、目前に迫る紋日のために必要な四…

詳細を見る

立川談志  やかん

談志

↑クリックすると購入できます! やかん(やかん) ●やかんの名の由来をご隠居が語っている。 やかんは、昔は軍用に使い、本来は水沸かしというべきもので、もっと大きかった。戦の最中大雨の夜、油断をして酒に酔っていると、突然の襲撃に、夜…

詳細を見る

立川談志  紺屋高尾

談志

↑クリックすると購入できます! 紺屋高尾(こうやたかお) ●神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。話を聞くと、国元に帰るため初めて吉原に連れて行かれ、当世飛ぶ鳥を落とす勢いの三浦屋の高尾太夫の道中を見て恋…

詳細を見る

立川談志  大工調べ

談志

↑クリックすると購入できます! 大工調べ(だいくしらべ) ●「おう、いるか」 「あぁ、棟梁」 「なんだい、ぼんやりして。まぁ、いいや。明日から番町の方の屋敷の仕事が入ったんでな、今日のうちに道具箱を屋敷の方に持っていて、明日は手…

詳細を見る

立川談志 疝気の虫

談志

↑クリックすると購入できます! 疝気の虫(せんきのむし) ●疝気(せんき)の患者を扱っている医者が夢を見る。 変な虫を見付けた。踏み潰そうとすると、虫が助けを乞う。その虫は疝気の虫で、医者は丁度その病気の患者を扱っているので、何で…

詳細を見る

立川談志 野晒し

談志

↑クリックすると購入できます! 野晒し(のざらし) ●昨夜、八つぁんが、長屋の隣室で人の声がするから壁に穴を開けて覗いて見れば、十六八の若い娘がご隠居の足を摩っている。一体あれはどういう訳だ。見られたなら話そう。 向島の土手下で釣…

詳細を見る

立川談志  短命

談志

↑クリックすると購入できます! 短命(たんめい) ●悔やみの言葉を教えてくれと、ご隠居のところに男が訪れた。伊勢屋のお嬢さんと最初に一緒になった色白の婿殿が亡くなり、二人目はごつい男だったがこれも亡くなり、三人目の亭主が一年足らずで…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon