トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 は 林家三平(初代)

林家三平(初代) 湯屋番

湯屋番(ゆやばん) ●道楽が過ぎて家を勘当された若旦那は、出入りの職人である熊五郎の家に居候中。しかし、まったく働く気が起きない。そこで熊五郎が「ゴロゴロしていてもしかたないから隣町の銭湯に奉公してみてはどうか」と提案する。若旦那は、女…

詳細を見る

林家三平(初代) たらちね

たらちね(たらちね) ●独り者の八五郎のところに、家主がお嫁さんを世話してくれることになった。女性の年は十八で顔の造作も良く、夏冬のものも一通り持ってくるなど、申し分ない。ただひとつの欠点は言葉が丁寧すぎること。言葉遣いがぞんざいな自分…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon