トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:演 や 柳家喬太郎

柳家喬太郎  思い出芝居

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「思い出芝居」は収録されていません。 思い出芝居(おもいでしばい) ●彦いちが下手にひっこむと上手から手を振りながら登場。どうやら既に演目に入っている様子。枕どころか頭を下げることなく話へ。クリス…

詳細を見る

柳家喬太郎  重陽

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! 重陽(ちょうよう) ●春、戦国の頃、播磨の国で、義兄弟の契りを結んだ二人の侍がいた。年長の赤穴宗右衛門は義弟の丈部左門に「生まれ故郷の出雲の国では私が仕えていた殿が倒され国が荒れていると聞く、そこでし…

詳細を見る

柳家喬太郎  ついたて娘

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ついたて娘(ついたてむすめ) ●遊び好きの若旦那は売れっ子芸者といい仲である。その日も座敷で飲んでいたところ、ふとそばの衝立(ついたて)に目がとまった。何も描いてない古いものなのだが、これにはちょっと…

詳細を見る

柳家喬太郎  スナックしおり

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「スナックしおり」は収録されていません。 柳家喬太郎さんに「手帳」をテーマにした創作落語を作っていただきました。 ここだけの「手帳は高橋オリジナル落語」を是非お楽しみください。 (http:…

詳細を見る

柳家喬太郎  死神

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「死神」は収録されていません。 死神(しにがみ) ●何かにつけて金に縁が無く、子供に名前をつける費用すら事欠いている主人公がふと「俺についてるのは貧乏神じゃなくて死神だ」と言うと、何と本物の死神が…

詳細を見る

柳家喬太郎  金明竹

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! 金明竹(きんめいちく) ●与太郎が表を丸く掃除しようとするし、水のまき方が悪いと叱られ、今度は二階の掃除を言い付けられたが、二階の座敷へ水をまくのでまた叱られる。  今度は店番をしていると、雨が降っ…

詳細を見る

柳家喬太郎  路地裏の伝説

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「路地裏の伝説」は収録されていません。 路地裏の伝説(ろじうらのでんせつ) ●<起>故郷(大宮…w)に帰省してきた幼なじみたち。たまたまその1人のワタナベ君のお父さんの三回忌でもあり、彼の家に集ま…

詳細を見る

柳家喬太郎  花筏

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! ※「花筏」は収録されていません。 花筏(はないかだ) ●相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、顔付きが似ている提灯屋に、相撲は取らなくてもよいとの約束で代役…

詳細を見る

柳家喬太郎  家見舞い

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! 家見舞い(いえみまい) ●兄貴の新築祝いに水瓶を買ってくると約束したが、二人で五十銭しか持ち合わせがなく、困っていた二人ずれ、古道具屋で瓶を見つける。店の者に尋ねると、ただでもらえるというが、十銭を渡…

詳細を見る

柳家喬太郎  冬のそなた

きょうたろう

↑クリックすると購入できます! 冬のそなた(ふゆのそなた) ●柳家 喬太郎「冬のそなた(新作)」  マクラも含めて、若い女の子の描写が上手い。師匠ゆずりか。  そう言えば、以前鈴本で聴いた時は、アメ横に店を持つ彼氏の親父が甲高い…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon