トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 あ 愛宕山

古今亭志ん朝(三代目) 愛宕山

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 愛宕山(あたごやま) ●東京から来た旦那の一行が京の愛宕山に登る。幇間の一八が大口を叩くがさっぱり足が進まない。どうにかこうにか旦那に追いついたら、空中に浮かんだ大きな輪に向かって旦那が何かを投げてい…

詳細を見る

桂文楽 (八代目)  愛宕山

ぶんらく

愛宕山(あたごやま) ●江戸っ子の幇間一八は、旦那のお供で芸者や幇間の繁八と一緒に京都の愛宕山へ山遊びに出かけた。山が苦手な一八は口では強気なことを言っているもののなんとかごまかして帰るつもり。しかし、旦那は一八の腹のうちを十分承知し…

詳細を見る

古今亭志ん輔  愛宕山

※「愛宕山」は収録されていません。 愛宕山(あたごやま) ●東京から来た旦那の一行が京の愛宕山に登る。幇間の一八が大口を叩くがさっぱり足が進まない。どうにかこうにか旦那に追いついたら、空中に浮かんだ大きな輪に向かって旦那が何かを投げてい…

詳細を見る

林家たい平  愛宕山

たいへい

愛宕山(あたごやま) ●東京から来た旦那の一行が京の愛宕山に登る。幇間の一八が大口を叩くがさっぱり足が進まない。どうにかこうにか旦那に追いついたら、空中に浮かんだ大きな輪に向かって旦那が何かを投げている。土器を投げて輪を通す遊びだ。旦那…

詳細を見る

桂米朝(三代目)  愛宕山

べいちょう

愛宕山(あたごやま) ●東京から来た旦那の一行が京の愛宕山に登る。幇間の一八が大口を叩くがさっぱり足が進まない。どうにかこうにか旦那に追いついたら、空中に浮かんだ大きな輪に向かって旦那が何かを投げている。土器を投げて輪を通す遊びだ。旦那…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon