トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 あ 明烏

金原亭馬生(十代目)  明烏

ばしょう

↑クリックすると購入できます! 明烏(あけがらす) ●遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。日帰りのお参りで…

詳細を見る

林屋亭どん兵衛  明烏

%e3%81%a9%e3%82%93%e5%85%b5%e8%a1%9b

↑クリックすると購入できます! 明烏(あけがらす) ●異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向屋半兵衛のせがれ時次郎。今年十九だというに、いつも本にばかりかじりつき、女となればたとえ雌 猫でも鳥肌が立つ。今日も今日とて…

詳細を見る

立川談志  明烏

談志

↑クリックすると購入できます! 明烏(あけがらす) ●遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。日帰りのお参りで…

詳細を見る

古今亭志ん朝(三代目)  明烏

志ん朝2

↑クリックすると購入できます! 明烏(あけがらす) ●異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向屋半兵衛のせがれ時次郎。今年十九だというに、いつも本にばかりかじりつき、女となればたとえ雌 猫でも鳥肌が立つ。今日も今日とて…

詳細を見る

桂文楽 (八代目)  明烏

ぶんらく

明烏(あけがらす) ●異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向屋半兵衛のせがれ時次郎。今年十九だというに、いつも本にばかりかじりつき、女となればたとえ雌 猫でも鳥肌が立つ。今日も今日とて、お稲荷さまの参詣で赤飯を三杯ごち…

詳細を見る

林家たい平  明烏

たいへい

明烏(あけがらす) ●遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と多助に頼んで浅草の裏のお稲荷さんにお参りに行くと偽って、吉原に連れていってもらうことにした。日帰りのお参りではなくお篭もりするようにと、お賽銭と…

詳細を見る

立川談春  明烏

だんしゅん

明烏(あけがらす) ●異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向屋半兵衛のせがれ時次郎。今年十九だというに、いつも本にばかりかじりつき、女となればたとえ雌 猫でも鳥肌が立つ。今日も今日とて、お稲荷さまの参詣で赤飯を三杯ごちそう…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon