トレードの合間に聴いた落語を一日一席ずつ紹介していきます。

カテゴリー:題 あ 青菜

桂枝雀(二代目)  青菜

枝雀

↑クリックすると購入できます! 青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「…

詳細を見る

柳家小三治 (十代目)  青菜

こさんじ

↑クリックすると購入できます! 青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「…

詳細を見る

春風亭一之輔  青菜

青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「では義経にしよう」  この会話が菜を既に…

詳細を見る

林家たい平  青菜

たいへい

青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「では義経にしよう」 この会話が菜を既に食…

詳細を見る

立川志らく  青菜

しらく

青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「では義経にしよう」 この会話が菜を既に食べ…

詳細を見る

桂ざこば(二代目)  青菜

ざこば

青菜(あおな) ●ある夏の夕暮れ。庭仕事を終えた植木屋さんに、旦那が「一杯付き合っていただけませんか」と声をかけた。出された酒は「柳影」という焼酎にみりんを混ぜたものを良く冷やし、ガラスの杯で。肴は鯉の洗い。いずれも涼しげで、植木屋さん…

詳細を見る

笑福亭仁鶴 (三代目)  青菜

青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「では義経にしよう」 この会話が菜を既に食…

詳細を見る

柳家権太楼  青菜

ごんたろう

青菜(あおな) ● 一日の仕事が終えた植木屋に、屋敷の旦那が酒を振る舞っている。肴に鯉の洗いを出して、次に菜を出そうと奥さんに告げると奥さんは、 「鞍馬から牛若丸が出でましてその名を九郎判官」 「では義経にしよう」 この会話が菜を既に食…

詳細を見る

カテゴリー

Amazon